アウディのコンパクトSUV「Q3」デビュー

2012.05.08 自動車ニュース
アウディのプレミアムコンパクトSUV「Q3」デビュー

アウディのプレミアムコンパクトSUV「Q3」デビュー

アウディジャパンは2012年5月8日、プレミアムコンパクトSUV「アウディQ3」を発売した。

■Qシリーズのエントリーモデル

アウディのSUVには、すでにラージサイズの「Q7」、ミドルサイズの「Q5」が用意されている。今回登場するのは、市場の拡大が期待されるコンパクトサイズの「Q3」だ。

都会的でスポーティーなフォルムや“ラップアラウンドデザイン”のテールゲートなど、Qシリーズの特徴を受け継ぐQ3は、コンパクトなボディーが運転のしやすさをもたらすとともに、2種類の2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチギアボックス「Sトロニック」の組み合わせにより、低燃費を実現している。

ラインナップは、211ps仕様の「2.0TFSI クワトロ 211PS」(479万円)と170ps仕様の「2.0TFSI クワトロ 170PS」(409万円)の2グレード。駆動方式はいずれも4WD。なお、170ps仕様のエントリーグレードは2012年秋からのデリバリーとなる。

■“ラップアラウンドデザイン”のテールゲートを採用

Q3は、全長×全幅×全高=4385×1830×1615mmの小さなボディーに、Qシリーズのデザインエッセンスを満載。例えば、テールゲートがボディーサイドに回り込む“ラップアラウンドデザイン”を採用するとともに、力強いホイールアーチ、クーペのようなルーフラインなどにより、Qシリーズの一員であることを主張する。ちなみに、ボンネットとテールゲートにはアルミを採用して、軽量化を図った。

アウディのアイデンティティーであるシングルフレームグリルやLEDポジショニングランプ付きバイキセノンヘッドライト、リアLEDコンビネーションランプにより、最新のアウディスタイルを実現した。Q3ならではの演出として、ボディーとパンパーのカラーが異なるコントラストカラーが170ps仕様に標準、211ps仕様ではオプションで選ぶことができる。

インテリアには、コックピットを囲むようなラップアラウンドデザインを採用。上下2分割タイプのダッシュボードはこのQ3に初めて採用された。MMI(マルチメディアインターフェイス)を標準で採用し、すっきりとしたデザインと優れた操作性を両立するのも、最新のアウディの文法どおりだ。シートはファブリックが標準で、ファインナッパレザーがオプションで用意される。


アウディのコンパクトSUV「Q3」デビューの画像
搭載される2リッター直4ターボエンジンは、170psと211psの2つの仕様が用意される。まず211ps仕様が先に導入され、170ps仕様は今秋の納車となる。
搭載される2リッター直4ターボエンジンは、170psと211psの2つの仕様が用意される。まず211ps仕様が先に導入され、170ps仕様は今秋の納車となる。

■パワーユニットは横置き

Q5と大きく異なるのは、横置きエンジンレイアウトを採用することだ。2605mmのホイールベースは「フォルクスワーゲン・ティグアン」と同じ数字で、前:マクファーソンストラット、後:4リンクのサスペンションや電動パワーステアリングなど、基本設計も共通である。

2.0TFSIエンジンにはチューンの異なる2つの仕様が用意され、170ps仕様が170ps/4300-6200rpmと28.6kgm/1700-4200rpm、211ps仕様は211ps/5000-6200rpmと30.6kgm/1800-4900rpmになる。いずれも低回転から強力なトルクを発生するのが特徴だ。これに、7段Sトロニックが組み合わされ、さらに、スタート ストップシステム(アイドリングストップ)とブレーキエネルギー回生システムが標準で搭載され、JC08モード燃費は211ps仕様で12.6km/リッターを誇る(170ps仕様は未発表)。

グレード名からもわかるとおり、駆動方式は全車フルタイム4WDの「クワトロ」。ティグアンと同様に、ハルデックスカップリングを用いている。とはいえ、オフロード走破性を追求したSUVではなく、あくまでオンロード主体のクルマというコンセプトは、他のQシリーズと同じである。スポーティーな演出が人気の「S-lineパッケージ」を選ぶと、最低地上高が20mm下がる専用スポーツサスペンションが採用されるというのも、他のSUVとは異なる発想だ。

荷室容量は通常460リッターを確保。分割可倒式リアシートを倒すことで1365リッターまで拡大することができる。
荷室容量は通常460リッターを確保。分割可倒式リアシートを倒すことで1365リッターまで拡大することができる。

アウディのコンパクトSUV「Q3」デビューの画像

■「MMI」は2タイプを用意

211ps仕様にはアウディドライブセレクトがオプションとして用意される。これを選ぶと、連続可変ダンパーが搭載され、ドライバーの好みにあわせて、サスペンション、パワーステアリング、エンジン、Sトロニックなどの設定がスイッチひとつで切り替えられる。このQ3では、「コンフォート」「オート」「ダイナミック」に加えて、燃費向上を図る「エフィシェンシー」モードが追加され、実用燃費の向上を支援する。

今やアウディの多くのモデルに採用されるMMIは、このQ3には標準で装着される。211ps仕様には、オーディオや地デジTV、ハンズフリーフォン、そしてナビゲーションシステムを統合する「MMI 3Gプラス」を搭載。一方、170ps仕様では、MMI 3GプラスからナビゲーションシステムやETCなどを省いた「MMIベーシック」が採用される。

このように、コンパクトなボディーにQシリーズの魅力を凝縮したQ3は、まさにプレミアムコンパクトSUVと呼ぶにふさわしいモデル。Q3は、Qシリーズのけん引役として期待されるとともに、日本の都市のようにその多機能性を発揮するという点でももっとも可能性を秘めているQシリーズといえるだろう。

(文=生方聡/写真=生方聡、アウディジャパン)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る