アウディのコンパクトSUV「Q3」デビュー

2012.05.08 自動車ニュース
アウディのプレミアムコンパクトSUV「Q3」デビュー

アウディのプレミアムコンパクトSUV「Q3」デビュー

アウディジャパンは2012年5月8日、プレミアムコンパクトSUV「アウディQ3」を発売した。

■Qシリーズのエントリーモデル

アウディのSUVには、すでにラージサイズの「Q7」、ミドルサイズの「Q5」が用意されている。今回登場するのは、市場の拡大が期待されるコンパクトサイズの「Q3」だ。

都会的でスポーティーなフォルムや“ラップアラウンドデザイン”のテールゲートなど、Qシリーズの特徴を受け継ぐQ3は、コンパクトなボディーが運転のしやすさをもたらすとともに、2種類の2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチギアボックス「Sトロニック」の組み合わせにより、低燃費を実現している。

ラインナップは、211ps仕様の「2.0TFSI クワトロ 211PS」(479万円)と170ps仕様の「2.0TFSI クワトロ 170PS」(409万円)の2グレード。駆動方式はいずれも4WD。なお、170ps仕様のエントリーグレードは2012年秋からのデリバリーとなる。

■“ラップアラウンドデザイン”のテールゲートを採用

Q3は、全長×全幅×全高=4385×1830×1615mmの小さなボディーに、Qシリーズのデザインエッセンスを満載。例えば、テールゲートがボディーサイドに回り込む“ラップアラウンドデザイン”を採用するとともに、力強いホイールアーチ、クーペのようなルーフラインなどにより、Qシリーズの一員であることを主張する。ちなみに、ボンネットとテールゲートにはアルミを採用して、軽量化を図った。

アウディのアイデンティティーであるシングルフレームグリルやLEDポジショニングランプ付きバイキセノンヘッドライト、リアLEDコンビネーションランプにより、最新のアウディスタイルを実現した。Q3ならではの演出として、ボディーとパンパーのカラーが異なるコントラストカラーが170ps仕様に標準、211ps仕様ではオプションで選ぶことができる。

インテリアには、コックピットを囲むようなラップアラウンドデザインを採用。上下2分割タイプのダッシュボードはこのQ3に初めて採用された。MMI(マルチメディアインターフェイス)を標準で採用し、すっきりとしたデザインと優れた操作性を両立するのも、最新のアウディの文法どおりだ。シートはファブリックが標準で、ファインナッパレザーがオプションで用意される。


アウディのコンパクトSUV「Q3」デビューの画像
搭載される2リッター直4ターボエンジンは、170psと211psの2つの仕様が用意される。まず211ps仕様が先に導入され、170ps仕様は今秋の納車となる。
搭載される2リッター直4ターボエンジンは、170psと211psの2つの仕様が用意される。まず211ps仕様が先に導入され、170ps仕様は今秋の納車となる。

■パワーユニットは横置き

Q5と大きく異なるのは、横置きエンジンレイアウトを採用することだ。2605mmのホイールベースは「フォルクスワーゲン・ティグアン」と同じ数字で、前:マクファーソンストラット、後:4リンクのサスペンションや電動パワーステアリングなど、基本設計も共通である。

2.0TFSIエンジンにはチューンの異なる2つの仕様が用意され、170ps仕様が170ps/4300-6200rpmと28.6kgm/1700-4200rpm、211ps仕様は211ps/5000-6200rpmと30.6kgm/1800-4900rpmになる。いずれも低回転から強力なトルクを発生するのが特徴だ。これに、7段Sトロニックが組み合わされ、さらに、スタート ストップシステム(アイドリングストップ)とブレーキエネルギー回生システムが標準で搭載され、JC08モード燃費は211ps仕様で12.6km/リッターを誇る(170ps仕様は未発表)。

グレード名からもわかるとおり、駆動方式は全車フルタイム4WDの「クワトロ」。ティグアンと同様に、ハルデックスカップリングを用いている。とはいえ、オフロード走破性を追求したSUVではなく、あくまでオンロード主体のクルマというコンセプトは、他のQシリーズと同じである。スポーティーな演出が人気の「S-lineパッケージ」を選ぶと、最低地上高が20mm下がる専用スポーツサスペンションが採用されるというのも、他のSUVとは異なる発想だ。

荷室容量は通常460リッターを確保。分割可倒式リアシートを倒すことで1365リッターまで拡大することができる。
荷室容量は通常460リッターを確保。分割可倒式リアシートを倒すことで1365リッターまで拡大することができる。

アウディのコンパクトSUV「Q3」デビューの画像

■「MMI」は2タイプを用意

211ps仕様にはアウディドライブセレクトがオプションとして用意される。これを選ぶと、連続可変ダンパーが搭載され、ドライバーの好みにあわせて、サスペンション、パワーステアリング、エンジン、Sトロニックなどの設定がスイッチひとつで切り替えられる。このQ3では、「コンフォート」「オート」「ダイナミック」に加えて、燃費向上を図る「エフィシェンシー」モードが追加され、実用燃費の向上を支援する。

今やアウディの多くのモデルに採用されるMMIは、このQ3には標準で装着される。211ps仕様には、オーディオや地デジTV、ハンズフリーフォン、そしてナビゲーションシステムを統合する「MMI 3Gプラス」を搭載。一方、170ps仕様では、MMI 3GプラスからナビゲーションシステムやETCなどを省いた「MMIベーシック」が採用される。

このように、コンパクトなボディーにQシリーズの魅力を凝縮したQ3は、まさにプレミアムコンパクトSUVと呼ぶにふさわしいモデル。Q3は、Qシリーズのけん引役として期待されるとともに、日本の都市のようにその多機能性を発揮するという点でももっとも可能性を秘めているQシリーズといえるだろう。

(文=生方聡/写真=生方聡、アウディジャパン)

関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る