クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4940×1875×1495mm/ホイールベース=2910mm/車重=1910kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブスーパーチャージャー付き(310ps/5500-6500rpm、44.9kgm/2900-4500rpm)/価格=865万円(テスト車=1047万5000円)

アウディA6アバント 3.0TFSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗記】

隙のないマルチプレーヤー 2012.05.08 試乗記 アウディA6アバント 3.0TFSI クワトロ(4WD/7AT)
……1047万5000円

アウディのアッパーミディアムクラス「A6」にワゴンモデル「A6アバント」が追加された。新型ワゴンはどう進化したのか? 3リッターの上級モデルでその走りを試した。

オーナー社長のクルマ選び

クルマ好き、運転好きの中小企業オーナーにとって、たぶん一番気になるのはアッパーミディアムクラスのクルマではないか。ラグジュアリークラスじゃ取引先に行くのははばかられるし、自らステアリングを握るなら、むしろアッパーミディアムクラスのほうが“サマ”になる。ボディーが無駄にデカくないから、運転もしやすいし。
さらにそれがステーションワゴンなら、仕事の荷物も、プライベートを楽しむ道具もラクラク積み込める。しかも、セダンに乗るよりアクティブで若々しく見えるのもいいところだ。

そうなると、日本車には適当な選択肢は見あたらず、行き着く先は「メルセデス・ベンツEクラス」のステーションワゴンか「BMW 5シリーズ」のツーリング、あるいは「アウディA6」のアバントということになる。

ひと昔前はEクラスと5シリーズに水をあけられていたA6だが、近頃はヨーロッパのみならずここ日本でもライバルに迫る勢いを示している。果たして新型A6アバントはアウディ人気に拍車をかけることになるのか? A6アバントの上級グレードで確かめてみることにした。

本革巻きのステアリングホイールには、オーディオやオンボードコンピューターなどを操作するマルチファンクションスイッチが備わるほか、パドルシフトも装備される。
本革巻きのステアリングホイールには、オーディオやオンボードコンピューターなどを操作するマルチファンクションスイッチが備わるほか、パドルシフトも装備される。 拡大
LEDヘッドライトは30万円のオプション装備。
LEDヘッドライトは30万円のオプション装備。 拡大
標準装備の15スポークスターデザインアルミホイール。タイヤサイズは255/40R19。
標準装備の15スポークスターデザインアルミホイール。タイヤサイズは255/40R19。 拡大

リラックスできる移動時間

近ごろアウディが盛んにアピールしている軽量化技術が「Audi ultra(アウディ ウルトラ)」。このA6アバントの誕生にも深く関わっているのは言うまでもない。A6アバントでは、部分的にアルミを使うことで旧型よりも約20kgのダイエットに成功。同じエンジンを積むセダンに対して、重量増を40kgに抑えているのも見逃せない。

そんなA6アバントのなかから今回試乗に引っ張り出したのは、スーパーチャージャー付き3リッターV6直噴ガソリンエンジンを積む「3.0TFSI クワトロ」。エンジンの“ダウンサイジング”をいち早く進めてきたアウディは、この3.0TFSIエンジンをかつての4.2リッターV8に代わるモデルと位置づけている。組み合わされるトランスミッションは、デュアルクラッチの7段Sトロニック。車名からも分かるように、駆動方式はフルタイム4WD=クワトロである。

デザインやパッケージングに関しては、「アウディA6アバント 2.8FSI クワトロ」の試乗記をご覧いただくとして、早速その走りをチェックしてみる。3.0TFSIと7段Sトロニックの組み合わせはすでにA6セダンで体験済み。セダンよりも重くなったとはいえ、低回転から強烈なトルクを発生する3.0TFSIのおかげで、電動パノラマサンルーフ付きで1910kgのボディーを軽々と発進させる実力を備える。旧型ではやや唐突に走りだす印象があったが、新型では洗練されたマナーを手に入れている。

“V8並みの性能”をうたう3.0TFSIだけに、アイドリングを少し上回りさえすれば、どんな回転数でも力強い加速が可能。アクセルペダルを少し踏み増してやるだけで、すっとスピードを上げてくれるのは街中では特に助かる。もちろんアクセルペダルを深く踏み込めば圧倒的な加速が楽しめるのだが、ジェントルなドライビングスタイルを心がければ、ストレスだらけの都心の移動すらリラックスできる時間に変えてくれる。これこそアッパーミディアムの、なにものにも代えがたい価値だろう。

テスト車にはオプションのコンフォートシート(20万円)が装着されていた。カラーはヌガーブラウン(写真)のほか、ブラック、チタニウムグレー、ベルベットベージュの4色から選べる。
テスト車にはオプションのコンフォートシート(20万円)が装着されていた。カラーはヌガーブラウン(写真)のほか、ブラック、チタニウムグレー、ベルベットベージュの4色から選べる。 拡大
フロントシート同様、リアシートにもシートヒーターが備わる。
フロントシート同様、リアシートにもシートヒーターが備わる。 拡大
スーパーチャージャー付きの3リッターV6直噴エンジンは、最高出力310psを発生。
スーパーチャージャー付きの3リッターV6直噴エンジンは、最高出力310psを発生。 拡大
アウディA6アバント 3.0TFSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大
関連キーワード
新しくオプション設定された「バーチャルペダル付きオートマチックテールゲート」(15万円)は、キーを携帯したドライバーがリアバンパーの下に足を入れ、上下するような動作をすると自動的にテールゲートが開くシステム。
アウディA6アバント 3.0TFSI クワトロ(4WD/7AT)【短評】

快適さもスポーティーさも

標準の255/40R19タイヤを履く試乗車は、路面からザラッとした感触を多少伝えてくるものの、乗り心地は穏やかで重厚感がある。うれしいのは、サスペンションが適切な硬さを示しつつ、低速から車体をフラットに保つことだ。直進性も抜群で、これなら高速の長距離ドライブも疲れ知らずだ。

だからといって、安定一辺倒ではないのが新型A6アバントの見どころである。ステアリング操作に対してすっと向きを変える軽快さは、ボディーの大きさを忘れさせてくれるほど。しかも、A6の場合、“フルタイム4WDとしては”のただし書きが要らないばかりか、FRのEクラスや、スポーティーなイメージが強い5シリーズに比べても明らかに機敏な動きを見せるのだ。これには、フロントオーバーハングを詰めたデザインや、リアにより多くのトルクを配分するクワトロなどが効いているに違いない。

荷室は、通常565リッターを確保し、後席のシートを倒すことで最大1680リッターまで拡大することができる。(写真をクリックすると後席のシートアレンジやパーティションネット使用の状態が見られます)
アウディA6アバント 3.0TFSI クワトロ(4WD/7AT)【短評】

ライバルとはモデルチェンジのタイミングがずれていて、現時点では最新のモデルだから……という有利さもあるが、イメージとは裏腹に、快適さもスポーティーさもいまやライバルをリードしているA6アバント。あとはデザインとブランドが気に入れば、社長車候補として不足はない。“零細編集プロダクション”の社長(私のことだ)にはなかなか手が届かないが、もし余裕があったら社有車としていま選びたいのは、文句なくこのA6アバントである。

(文=生方聡/写真=郡大二郎)

【テスト車のオプション装備】
オプションカラー(アイスシルバーメタリック)=8万5000円/コンフォートシート=20万円/バング&オルフセン アドバンスドサウンドシステム=84万円/LEDヘッドライト=30万円/バーチャルペダル付きオートマチックテールゲート=15万円/電動パノラマサンルーフ=25万円
アウディA6アバント 3.0TFSI クワトロ(4WD/7AT)【短評】
あなたにおすすめの記事
車買取・中古車査定 - 価格.com