トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表

2012.05.08 自動車ニュース

トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表

トヨタ自動車の米国における販売会社である米国トヨタ自動車販売(TMS)は2012年5月8日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催中の第26回国際電気自動車シンポジウム(EVS 26)で、テスラモーターズ(テスラ)と共同開発した電気自動車「RAV4 EV」を発表した。

トヨタとテスラの提携発表から丸2年。ついに両社によるコラボレーション第1弾となる「RAV4 EV」が発表された。同モデルは、2010年11月にロサンゼルスショーで発表されたとおり、2012年中の市販化が予定されている。

「RAV4 EV」は、「RAV4」(北米仕様)に、テスラのEVシステムを組み合わせたSUVタイプの電気自動車。全長×全幅×全高=4575×1816×1684mm、車重1829kgのボディーを、最高出力115kW(156ps)のモーターで駆動する。0-60マイル(96km/h)加速は7.0秒だ。

容量41.8kWhのリチウムイオン電池を搭載し、実走行環境で約100マイル(約160km)の航続距離を達成しているという。充電にかかる時間は、米国の240ボルト/40アンペアの電源使用時で、約6時間となっている。

「RAV4 EV」は、2012年夏以降にカリフォルニア州で発売し、3年間で2600台程度を販売する計画。予価は4万9800ドル(約398万円)だ。

なお、トヨタはこのほか2012年中に日欧米で、「iQ」をベースとした電気自動車の発売を予定している。

(webCG 曽宮)

「トヨタRAV4 EV」
「トヨタRAV4 EV」

トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表の画像

トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表の画像
今回発表された「RAV4 EV」(北米向けモデル)は、FFの5人乗りモデル。カナダ・オンタリオ州ウッドストックのトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・カナダで生産される予定だ。
今回発表された「RAV4 EV」(北米向けモデル)は、FFの5人乗りモデル。カナダ・オンタリオ州ウッドストックのトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・カナダで生産される予定だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RAV4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタRAV4 G(4WD/CVT)/SPORT(4WD/CVT)【試乗記】 2005.11.29 試乗記 トヨタRAV4 G(4WD/CVT)/SPORT(4WD/CVT)
    ……283万7100円/292万6350円

    初代デビューから11年、3代目に生まれ変わった「RAV4」は、よくできた優等生であった。がしかし、複雑な思いも残るのであった。ナゼって……。


  • トヨタRAV4 Sport(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2006.2.14 試乗記 ……295万6800円
    総合評価……★★★★

    大きくなったとはいえ、SUVとしては今でもコンパクトなトヨタの街乗りヨンク、新型「RAV4」。スポーツモデルに試乗、期待の乗り心地はどうなのか。


  • トヨタRAV4 G(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2005.12.30 試乗記 ……281万850円
    総合評価……★★★

    11年振りに生まれ変わった、トヨタの街乗りヨンク、3代目新型「RAV4」。2.4リッター5ドアのみとなり、アメリカに向け大きくなった。乗ってみると……。


  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る