【スペック】全長×全幅×全高=4255×1820×1420mm/ホイールベース=2575mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(256ps/6000rpm、33.7kgm/2400-5200rpm)/価格=533万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・シロッコRレカロ(FF/6AT)【試乗記】

ハマるFFスーパーカー 2012.05.06 試乗記 フォルクスワーゲン・シロッコRレカロ(FF/6AT)
……533万円

フォルクスワーゲンのスーパーハッチ「シロッコR」。レカロシートと19インチタイヤのエクストラで、その走りはどう変わったのか。

バケットシートが付く100台限定モデル

「今のワザ、どこでマスターしたの?」
「え?」
「バビューンと一気に加速してきたでしょ。後続車との間隔が広かったから、写真が撮りやすかったよ」
トランシーバーの声の主は、カメラを構えていた荒川カメラマン。いやいや、私じゃなくて、単純に「シロッコR」がスゴいんです。スタートが遅れたから、速攻でフレームイン狙って、アクセルペダルをグイッと踏み込んだだけですから。

シロッコRの加速の凄(すさ)まじさは、想像をはるかに超えていた。背中に大砲を背負ってぶっ飛んだら、こんな感じ? レカロのバケットシートが、体をしっかりとホールドしてくれたからよかったものの、並のシートだったらムチウチ覚悟でしょう!? モンスター級パワーの片りんは、街中を少し走った程度でもすぐに感じとることができた。
「シロッコRは、FFのスーパーカーなんだ!」
その獰猛(どうもう)な走りが、私の胸にするどい爪跡を残していった。

今回試乗した「シロッコRレカロ」は、シロッコRをベースに、レカロ社製バケットタイプのスポーツシートと、ブラック塗装の19インチ大径アルミホイール、フルカラーのマルチファンクションインジケーター、そして初採用となるSDナビゲーションシステムを装備した、100台の限定モデルである。ボディーカラーはホワイトとブラックの2色が用意され、256psの2リッターTSIエンジンと6段DSGとを組み合わせるのはシロッコRと同じ。価格はシロッコRから18万円アップの533万円だ。

フォルクスワーゲン車というと、213万円の「ポロ」からラインナップされていて、輸入車の中でも比較的手ごろな価格で買えるというイメージがある。毎月担当している女性誌の車コラム(読者は主に30歳前後の主婦)でも、ポロや「ゴルフ」は読者の人気モデルだ。

シロッコは、フロントからリアへ、ムニュ〜とボディーを引き伸ばし、上から押しつぶしたようなデザインで、特に白いボディーは「たれぱんだ」を思わせるフレンドリーさがある。それにしても、フォルクスワーゲンのハッチバックモデルに533万円は、ちょっと高いかもしれない……。

トレードマークのレカロ社製フルバケットスポーツシート。シートヒーター付き。
フォルクスワーゲン・シロッコRレカロ(FF/6AT)
後席もバケットタイプのスポーツシートに。50:50の可倒式で、乗車定員は4人。
フォルクスワーゲン・シロッコRレカロ(FF/6AT)
ブラック塗装の8J×19アルミホイールを装着。235/35R19サイズのタイヤを履く。
フォルクスワーゲン・シロッコRレカロ(FF/6AT)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シロッコの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る