第243回:愛玩動物にあらず! 「パンダ」は牛馬のごとく使え

2012.05.04 エッセイ

第243回:愛玩動物にあらず! 「パンダ」は牛馬のごとく使え

イタリア車はトク?

東京の路上でイタリア車を見かけることがある。昨年(2011年)秋に広尾辺りを歩いていたら、12気筒のフェラーリに乗った若い男性が、夫人と思われる女性を明治屋の前で降ろしていた。反対側では神戸屋キッチンの前を「マセラティ3500GT」が内輪差ぎりぎりに曲がっていた。その間にも往年の大衆車「フィアット127」に乗ったおしゃれなお兄さんが日赤病院方面に走り去っていった。これ、たった1分間のシーンである。

ボクがイタリアの路上で12気筒のフェラーリを見たのはかなり前のことだ。フィアット127だって、イタリア政府の相次ぐエコカー奨励金制度による買い替えで、とうに路上風景から姿を消している。
イタリアで日本車がこのくらい趣味の対象としてもてはやされたらあっぱれなのだが、そういうことはあり得ない。イタリア車はトクである。

そうした日本におけるイタリア車のなかで、ボクが本場の姿と最も大きなギャップを感じるのは「フィアット・パンダ」だ。日本を走るフィアット・パンダのほとんどは、愛玩動物のように大切にされているらしく、美しく磨かれている。それに対し、イタリアにおける多くのパンダは徹底的に使われているのだ。

ボクが住むシエナ市街で見かけた初代「フィアット・パンダ」。
ボクが住むシエナ市街で見かけた初代「フィアット・パンダ」。
2代目「フィアット500」とともにたたずむ警備会社の2代目「パンダ」。
2代目「フィアット500」とともにたたずむ警備会社の2代目「パンダ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。