【スペック】全長×全幅×全高=4025×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)/価格=214万8000円(テスト車=同じ)

ルノー・ルーテシア ナイト&デイ(FF/4AT)【試乗記】

素の味わいが心地いい 2012.05.02 試乗記 ルノー・ルーテシア ナイト&デイ(FF/4AT)
……214万8000円

新型のデビューが目前に迫る、ルノーのコンパクトハッチ「ルーテシア」。装備充実の新グレード「ナイト&デイ」に試乗した。

現行モデルの最終版

“ナイト&デイ”とは面白いネーミングである。夜でも昼でも、フォーマルでもカジュアルでも、オンでもオフでも付き合えるクルマということから名づけられたようだが、 少々意味不明と言えなくもない。まあ、それはともかくとして、この3代目「ルーテシア」はモデル末期のクルマだ。今年(2012年)秋のパリサロンで4代目となる新型がデビューする予定だからである。

どのメーカーもモデル末期となると、限定車であるとか特別仕様車といった“スペシャル”を登場させるもので、「ルーテシア ナイト&デイ」もそうした類いのモデルだ。というか、新装開店前の売りつくし特別セールの目玉商品みたいなものである。装備やアクセサリーが充実しており、お買い得感が高いというのがメーカーの売り文句なのだろう。ただし、日本で販売される現行型ルーテシアのラインナップはナイト&デイ1車種のみになり、トランスミッションはATしか選べなくなったのが残念だ。

ナイト&デイは、新しいデザインの16インチホイール、デザイン上のアクセントとして、従来とは異なるペイントのパーツがエクステリアとインテリアの一部に使われているのが特徴だ。さらには雨滴感知式オートワイパーやヘッドライトのオートスイッチ機構が備わる。独自の意匠、装備が与えられているものの、中身はこれまでのルーテシアのまま。エンジンもトランスミッションもサスペンションも基本コンポーネンツは従来モデルと同一である。

「NIGHT&DAY」のロゴをあしらったエンブレムをボディー両側に装着。
「NIGHT&DAY」のロゴをあしらったエンブレムをボディー両側に装着。
新デザインの16インチダークメタルアロイホイール。タイヤサイズは195/50R16。
新デザインの16インチダークメタルアロイホイール。タイヤサイズは195/50R16。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る