【スペック】全長×全幅×全高=4795×1915×1310mm/ホイールベース=2750mm/車重=1810kg/駆動方式=FR/5リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー付き(550ps/6500rpm、69.3kgm/3500rpm)/価格=1750万円(テスト車=1759万9000円/20インチ Vulcanアロイホイール<グロスブラックフィニッシュ>=9万9000円)

ジャガーXKR-Sクーペ(FR/6AT)【試乗記】

スーパーカーの領域へ 2012.04.30 試乗記 ジャガーXKR-Sクーペ(FR/6AT)
……1759万9000円

見るからに武闘派ないでたちの、ジャガー史上最強の公道マシン「XKR-Sクーペ」。ノーズ下に550psを湛(たた)える、その振る舞いはいかに?

下っ腹に響く“目覚め”

ボンネットフード前端のスリット、ロワースポイラー、左右フロントフェンダー部のインテーク、リアにまわるとウイングにディフューザー。「ジャガーXKR-Sクーペ」の外観はレーシーとやりすぎのぎりぎりのセンにある。自分も、「やりすぎ」だと感じたひとりだ。ジャガーはこんな武闘派の領域には立ち入らず、優雅に上品に、午後の紅茶を味わうように愛(め)でるスポーツカーであればいいのではないか、と。

ただし、90分間の試乗を終えて考えを改めた。ジャガーは変化、進化している。それなのにいつまでも「ジャガー=雅(みやび)なブランド」だと思い込んでいるのは、日本人は今でもちょんまげを結っていると信じ込んでいるようなものだ。
もちろんジャガーならではの変わらぬ魅力もあるけれど、ジャガーのダイナミックレンジは確実に広がっている。

ヘッドレストに「R-S」ロゴが刻まれた専用のパフォーマンスシートに腰掛けて5リッターのV8スーパーチャージド・ユニットを始動、「ボム!」という下っ腹に響く音とともに550psが目覚める。
走りだしが軽い、と感じたのは、最高出力/最大トルクが「XKR」の510ps/63.7kgmから550ps/69.3kgmへと増量されつつ、しかも1810kgの車重は据え置きだからだろうと思っていた。けれども、どうやらそれだけではない。XKR-Sクーペ専用チューンを施したパフォーマンスアクティブエキゾーストの排気音が、軽快に走っているように感じさせるのだ。

フロントのサイドインテークとカーボンスポイラーが迫力ある表情を形作る。
フロントのサイドインテークとカーボンスポイラーが迫力ある表情を形作る。
ウォームチャコールのソフトグレインレザーで覆われた専用のインテリア。
ウォームチャコールのソフトグレインレザーで覆われた専用のインテリア。
5リッターV8スーパーチャージド・エンジンは550psを発生。
5リッターV8スーパーチャージド・エンジンは550psを発生。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XKクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露 2017.4.15 自動車ニュース ランボルギーニ・ジャパンは2017年4月14日、「アヴェンタドール」の進化版である「アヴェンタドールS」を披露した。6.5リッターV12エンジンの最高出力は、従来比40psプラスの740psへと強化された。車両価格は4490万4433円。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る