クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3835×1690×1380mm/ホイールベース=2365mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpm)/価格=279万円(テスト車=同じ)

ルノー・ウインド ゴルディーニ(FF/5MT)【試乗記】

よみがえるスポーツマインド 2012.04.27 試乗記 ルノー・ウインド ゴルディーニ(FF/5MT)
……279万円
ルノーの2シーターオープン「ウインド」にファッション性を高めた上級グレード「ゴルディーニ」が登場。その走りを試した。

「ルノースポール」と「ゴルディーニ」

箱根山中のパーキングでクルマを止めたら、別件で来ていた某誌の編集長が「おしゃれだねー」と声を掛けてきた。もちろんドライバーのことではなく、「ウインド ゴルディーニ」への言葉だ。彼にとっては「ゴルディーニ=おしゃれ」に映ったらしい。

車名のゴルディーニは、かつてルノーで高性能エンジンの開発に携わったアメデ・ゴルディーニから取ったものだ。だからルノーがこの名前を、ボディーやインテリアを60年代テイストに仕立てたファッション性重視のスポーツモデルとして復活させたことに、違和感を抱いた人もいた。

ただしルノーは、彼が関与した第1号車ですでに「ドーフィン ゴルディーニ」と、ゴルディーニの名をブランドとして起用した実績がある。しかもこのドーフィン ゴルディーニと後継車の「R8ゴルディーニ」に乗った経験から言えば、どちらも硬派なスポーツセダンではなく、装備が充実し、快適性にも配慮した4ドアGTだった。

その後ゴルディーニの名前は、「アルピーヌ」ともども「ルノースポール(RS)」という新しい組織に統合された。高性能車としてのゴルディーニの血は、RSに継承されたわけだ。ただしそれは、モダンなスポーツモデルであり続けてきた。フランス人は先進を好み、レトロに背を向ける傾向があるから当然だ。ところが周囲の国ではここへきて、スポーティーカーには何らかの形でヘリテージ性を持たせることが当然になった。

だからルノーは、かつてのゴルディーニが持っていたエッセンスを、テクノロジーとファッションに分け、前者はルノースポールとして継承させ、後者を新生ゴルディーニとして復活させたのだろう。ゆえに本国ではRSではない「トゥインゴ」や「ルーテシア(現地名:クリオ)」にも、ゴルディーニは用意されている。

今のユーザーは、ミニバンにエアロパーツを装着することで分かるように、スタイルとパフォーマンスは別物と考える傾向がある。スポーティーという記号をテクノロジーとファッションに分けたルノーの手法は、時代にフィットしていると思う。

ボディーのホワイトストライプには「G」の紋様が。
ボディーのホワイトストライプには「G」の紋様が。 拡大

ルノー・ウインド ゴルディーニ(FF/5MT)【試乗記】の画像 拡大
「ウインド ゴルディーニ」は、ボンネットやテールゲートのホワイトストライプのほか、フロントグリル左右、ドアミラーカバー、ルーフカバーカウルが白くペイントされる。
「ウインド ゴルディーニ」は、ボンネットやテールゲートのホワイトストライプのほか、フロントグリル左右、ドアミラーカバー、ルーフカバーカウルが白くペイントされる。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

伝統を引き継いだインテリア

それにしても、“ブルーマルト”と名付けられたこの青には、いつ見ても引き寄せられてしまう。以前乗った「トゥインゴ ゴルディーニRS」もそうだったけれど、明るいけれど少しくすんだ、R8ゴルディーニを思わせるこのカラーは絶妙としか言いようがない。2本のストライプもただの白じゃなく、ゴルディーニの「G」のロゴがびっしり埋め込んである。

若い人たちはこのゴルディーニファッションを新鮮に思うかもしれないが、一方でR8ゴルディーニの現役時代を知るベテランドライバーは、昔の雰囲気を求めるだろう。そんな人たちにも受け入れられる色調を選んだセンス、さすがである。

インテリアでもステアリングやシフトレバー、シートにこの絶妙なるブルーをレザーでおごり、シフトノブやシートのヘッドレスト部分には「GORDINI」のロゴを入れている。シートが本革張りになったおかげもあって、スタンダードの「ウインド」で感じたカジュアルな雰囲気が薄れ、大人っぽい空間に変貌している。

その中で目についたディテールが、ドアトリムに装着されたストラップだ。例のブルーでコーディネイトされたこのストラップは、スタンダードのウインドには存在しない、ゴルディーニ専用パーツである。

昔のスポーツカーには、ドアを閉めたり、走行中に体を支えたりするために、この種のストラップを装着した車種がいくつもあった。ウインドはドアのアームレストにグリップが内蔵されているから、機能的には不要である。それをわざわざ追加している。でもこれが付いたおかげで、ウインド ゴルディーニのキャビンはベースモデルよりもぐっとトラディショナルに見えるのだ。
そういえば、スタンダードのウインドと同じと勝手に予想していた走りも、ちょっとしたチューニングのおかげで、トラディショナル方面にシフトしていた。新生ゴルディーニは想像以上に奥が深いと感じたのである。

インテリアは、レザーステアリングホイールとシフトノブ、レザーシートにブルーアクセントが施される。ドアストラップは「ウインド ゴルディーニ」からの新しい装備。
インテリアは、レザーステアリングホイールとシフトノブ、レザーシートにブルーアクセントが施される。ドアストラップは「ウインド ゴルディーニ」からの新しい装備。 拡大
「GORDINI」ロゴ入りのシフトノブ。
「GORDINI」ロゴ入りのシフトノブ。 拡大
ブルーとブラックのレザースポーツシートには「GORDINI」ロゴの刺しゅうが施される。
ブルーとブラックのレザースポーツシートには「GORDINI」ロゴの刺しゅうが施される。 拡大
ルノー・ウインド ゴルディーニ(FF/5MT)【試乗記】の画像 拡大

スパイスが効いている

ひと足先に発売された「トゥインゴ ゴルディーニRS」では、スタンダードのRSがサーキット走行も考慮した“シャシーカップ”を採用していたのに対し、快適性にも配慮した“シャシースポール”を導入したために、乗り心地が良くなり、コーナーでの安定性も高まっていた。トゥインゴRSより上の年齢層を想定した走りに感じられた。

ウインドはRSではないから、シャシーの選択肢はない。その代わり、195/45R16だったタイヤサイズが205/40R17になっている。
おかげで街中での乗り心地は少し固くなって、“ゆるキャラ”と表現したくなるようなホノボノ感は薄れた。ただサスペンションストロークの豊かさや、分厚いシートは健在なので、速度を上げれば同等の快適性が手に入る。オープンボディーとは思えない剛性感、風の巻き込みの少なさもそのままだ。

コーナリングのマナーはスタンダードのウインドに似ていて、しっとり動く足が想像以上のロードホールディングをもたらす。ルノーそのものだ。ただしステアリング操作に対するノーズの反応は少しシャープになった。これもタイヤのインチアップ効果だろう。つまり乗り心地を含めて、スポーツカーっぽいスパイスを強調した味付けになっている。

そんなシャシーだからこそ、1.6リッター自然吸気エンジンと5段MTを組み合わせた懐かし系パワートレインが似合う。3000rpmを超えると加速が鋭くなり、4000rpm以上で音が力強くなるなど、回転数によって表情を変えていくドラマは、フラットトルクの過給エンジンでは味わえない。MTがこんなに生きるエンジンも最近珍しい。

若い人は、スタンダードのウインドの癒やし系シャシーを好むかもしれないけれど、60年代生まれのオジサンにとってはゴルディーニの足こそ、このパワートレインにドンピシャだ。おしゃれだけれど、それだけで終わっていない。古きよき時代のスポーツマインドを現在によみがえらせるというゴルディーニのコンセプトは、走りにも貫かれていた。

(文=森口将之/写真=荒川正幸)

134psを発生する1.6リッターエンジンは、ベーシックな「ウインド」と同じ。
134psを発生する1.6リッターエンジンは、ベーシックな「ウインド」と同じ。 拡大
ゴルディーニ専用のシルバーとブルーの17インチアロイホイール。タイヤサイズは205/40R17。
ゴルディーニ専用のシルバーとブルーの17インチアロイホイール。タイヤサイズは205/40R17。 拡大
荷室容量は、270リッターを確保。ハードトップを収納しても変わらない。
荷室容量は、270リッターを確保。ハードトップを収納しても変わらない。 拡大
ルノー・ウインド ゴルディーニ(FF/5MT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
ウインドルノー試乗記

あなたにおすすめの記事