第26回:あのハチロクが大活躍!……なのにダメ女子映画って?
『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』

2012.04.26 エッセイ

第26回:あのハチロクが大活躍!……なのにダメ女子映画って?『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』

アメリカ人は「藤原とうふ店」を知らない

ハリウッドに“ハチロク”が進出! 映画の世界では、まだまだ日本車パワーは健在なのだ……と言いたいところなのだが、そういう話ではない。ぬか喜びさせては申し訳ないので種明かしをすると、まずこれは現在話題沸騰中の「トヨタ86」ではない。1980年代の元祖のほう、「AE86」なのだ。しかも「カローラレビン」ではなく、『頭文字D』で藤原拓海が乗っていた「スプリンタートレノ」である。ならばドリフトが売りの走り屋映画なのかというと、全然違う。トレノは、単に主人公が貧乏であることを表す記号として使われているのだ。

日本では今でもプレミア価格がつくクルマだが、「藤原とうふ店」を知らないアメリカ人にとってはただの中古車でしかない。それも30年近く前のクルマだ。二束三文だといっていいだろう。先日紹介した『ドライヴ』では、文無し母親役のキャリー・マリガンが先代の「カローラ」に乗っていたが、それをはるかに上回る貧乏アピールである。

30代独身女性の主人公アニーは、自ら開業した手作りケーキ店がつぶれて、安給料で宝石店員をしている。いいクルマに乗れる身分ではない。『宇宙人ポール』でのぶっ飛んだキリスト教原理主義者の娘役がハマっていたクリステン・ウィグが演じている。『サタデー・ナイト・ライブ』あがりの才人で、共同脚本にも名を連ねている。1973年生まれの38歳だから、アニーの造形には自身の体験が深く影響しているようだ。金なし彼氏なしのアラフォー女子が繰り広げるドタバタコメディーである。

(C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
(C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
「トヨタ・スプリンタートレノ」
「スプリンター」をベースとしたスポーツクーペで、「カローラレビン」とは兄弟車。シリーズ最後のFRモデルとなった「AE86」は、ドリフトマシンとして今も人気が衰えない。北米にも輸出されたが、法規の関係でリトラクタブルヘッドライトのトレノのみだった。
「トヨタ・スプリンタートレノ」
「スプリンター」をベースとしたスポーツクーペで、「カローラレビン」とは兄弟車。シリーズ最後のFRモデルとなった「AE86」は、ドリフトマシンとして今も人気が衰えない。北米にも輸出されたが、法規の関係でリトラクタブルヘッドライトのトレノのみだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。