クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3140×1705×1470mm/ホイールベース=2000mm/車重=990kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ スーパーチャージャー付き(130ps/5200rpm、18.3kgm/4400rpm)(テスト車はプロトタイプ)

トヨタGRMN iQ スーパーチャージャー(FF/6MT)【試乗記】

アツさ忘れぬオヤジたちに 2012.04.26 試乗記 トヨタGRMN iQ スーパーチャージャー(FF/6MT)

専用仕立ての内外装とパワフルなエンジンを持つ、特別な「トヨタiQ」に試乗。その実力は……?

意外性のかたまり

これは愉快だ痛快だ。「GRMN iQ スーパーチャージャー」でカッ飛ばすのは、ただのドライビングというよりスパーリングの感覚に近い。舞台は富士スピードウェイのショートサーキット。合計12周ほどしか許されなかったが、う〜ん、降りられませんなあ。

それにしても、「これぞホットハッチ本来の姿だ」と、胸いっぱいに叫びたい。最近どうも世の中みんなぜいたくに慣れちまったけれど、庶民的なサンダル代わりの実用車、つまり小さなホットハッチに鼻のアブラを擦り込んで、心臓(エンジン)や足(タイヤとサスペンション)をちょいとばかり強化。
「え〜っ、あのクルマが、こんなに!」と驚かせる意外性にこそ、ホットハッチの妙味が宿るはず。だったら、「トヨタiQ」に換骨奪胎的な手術を施した「GRMN iQ スーパーチャージャー」こそ、ホットハッチの代表みたいなものだろう。

全長わずか3m、まるでマンガみたいにかわいい側面観の「iQ」なのに、パドックで出会ってみると、かなり印象が違う。ほんの子犬だったはずが、ヒンズースクワット500回くらいして頑張ったのか、けっこう逞(たくま)しいのだ。
前後のバンパーを拡大して全長は3140mm(+140mm)に。グッと張り出したオーバーフェンダーで全幅は1705mm(+25mm)と筋肉増強剤を効かせたうえで、低く固めたサスペンションで、全高は30mmもダウンの1470mm。そこに、195/55R16 87V(ブリヂストン・ポテンザRE050A) の“生意気なタイヤ”を履いたあたり、「おとな子供」みたいな雰囲気だ。

外装の大部分がノーマルと異なる「GRMN iQ スーパーチャージャー」。ヘッドランプも黒塗装のものが与えられる。
外装の大部分がノーマルと異なる「GRMN iQ スーパーチャージャー」。ヘッドランプも黒塗装のものが与えられる。 拡大
アルミホイールはENKEIの「PF01」。ブレーキは、パッド、ローターともに専用品となる。
アルミホイールはENKEIの「PF01」。ブレーキは、パッド、ローターともに専用品となる。 拡大

トヨタGRMN iQ スーパーチャージャー(FF/6MT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

ここもあそこも専用仕立て

それにしても、見た目がなんだか突っ張っていると思ったら、ルーフの両端とかボディー側面とか、アクセント的なプレスラインの峰が鋭い。なんと、ボンネットとルーフ以外、見える部分のパネルすべて専用に作り直したのだとか。

1.3リッターエンジンにスーパーチャージャーを組み合わせて94psから130psへと4割近くも鍛えあげただけでなく、専用クロスレシオ・ギアを組み込んだ6段MT、22%も低い4.562のファイナルなど、見えない部分にもこだわりが深い。

ダッシュボードまわりはノーマルに近いが、目の高さに生えた専用タコメーターが気分を盛り上げる。シートも両サイドの深い本格バケットだから、思わずロールケージや5点式ベルトも取り付けたくなってしまう。
でも、あくまで「サーキット走行会やジムカーナも楽しめる公道仕様のスポーツタイプ」だから、内張りなどノーマルのままで快適だし、エアコンも取り外してない。もちろん専用マフラーの排気音は、「ちょ〜っと元気かな?」という程度に調律してある。

そんな「GRMN iQ スーパーチャージャー」、走りだした瞬間のダッシュ力で、まずニヤリとさせられる。それもそのはず、最大トルク180Nm(18.3kgm)といえば、普通のNAエンジンなら1.8リッター級に匹敵する。それをこんな小さなボディーに詰め込んで、しかも各ギアすべて低めなのだから、蹴飛ばされたように加速できて当たり前。だからといってパンチがあり余るほどではなく、少し乱暴にクラッチミートしても、キュッとも鳴かずに確実に発進してくれる。


トヨタGRMN iQ スーパーチャージャー(FF/6MT)【試乗記】の画像 拡大
インテリアは、赤×黒のツートンカラーでまとめられる。
インテリアは、赤×黒のツートンカラーでまとめられる。 拡大
ROTREX社製のスーパーチャージャーが組み合わされた心臓部。アウトプットは、ベースモデルより36ps、6.3kgm増し。
ROTREX社製のスーパーチャージャーが組み合わされた心臓部。アウトプットは、ベースモデルより36ps、6.3kgm増し。 拡大
トヨタGRMN iQ スーパーチャージャー(FF/6MT)【試乗記】の画像 拡大

ホットな中にも安定感

全体の完成度は、最初のコーナーを突破した瞬間すぐわかる。ホイールベースわずか2mの短さからは信じられないほど、どう振り回しても安定しきっているのだ。
例えばヘアピンを思い切り乱暴に突破して、その過程でわざとアクセルを大きく戻しても、ちっとも不安定な姿勢にならないし、コーナリング・ラインが乱れることもない。これではFFタックイン走法を楽しむ余地もなさそうだ。試しにVSC(車両安定維持装置) を解除しても、ジャジャ馬的な顔など少しも見せない。

それより気になったのは、せっかく専用設定してくれたギアレシオが低すぎること。富士のショートサーキットでさえ、わざわざ2速までシフトダウンできるのは1カ所だけ。
本当にパンチらしいパンチが出るのは2500rpm以上だから、各ギアが互いにクロスしているのはありがたいけれど、低いだけにすぐ吹けて、5000rpmを超えるとトルクが頭打ちになってしまう。このギアボックスとノーマル・ファイナルの組み合わせの方が、各ギアでの伸びを生かしやすいのではないだろうか。

………と、オチャメな「GRMN iQ スーパーチャージャー」だが、まるで別車種と言えそうなほど手を加えたのに、たった100台だけの限定販売とは残念すぎる。

正式な発売は今年の夏で、まだ価格は発表されていない。2009年の“第一次iQ GRMN”(NAでボディーもノーマルに近い)が197万2000円だったことから想像すると、今度は300万円くらいするかも……。
どうやら最近、若者は「86」に夢中らしいから、こちらの嫁ぎ先は、往年の「ミニクーパー1275S」あたりに血潮をたぎらせた“young at heartのオヤジ”100人ということか。でも締め切りアウトなら、299万円の「アバルト500」に方針変更するか、第三次iQ GRMN企画を待つか……眠れないほど悩むよなあ。

(文=熊倉重春/写真=小林俊樹)

目指したのは「上質感のある走り」。スポーツサスペンションやパフォーマンスダンパーも与えられる。
目指したのは「上質感のある走り」。スポーツサスペンションやパフォーマンスダンパーも与えられる。 拡大
トヨタ紡織が開発を手がけた専用シート。運転操作を妨げない形状としつつ、コシのあるホールド感を手に入れたという。
トヨタ紡織が開発を手がけた専用シート。運転操作を妨げない形状としつつ、コシのあるホールド感を手に入れたという。 拡大
スピードメーターも、金属質な専用デザイン。200km/hまで目盛りが切られる。
スピードメーターも、金属質な専用デザイン。200km/hまで目盛りが切られる。 拡大
リアエンドは、ディフューザー付きのリアバンパーが個性を主張。マフラーエンドは2本出しとなる。
リアエンドは、ディフューザー付きのリアバンパーが個性を主張。マフラーエンドは2本出しとなる。 拡大

関連キーワード:
iQトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事