【スペック】全長×全幅×全高=3140×1705×1470mm/ホイールベース=2000mm/車重=990kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ スーパーチャージャー付き(130ps/5200rpm、18.3kgm/4400rpm)(テスト車はプロトタイプ)

トヨタGRMN iQ スーパーチャージャー(FF/6MT)【試乗記】

アツさ忘れぬオヤジたちに 2012.04.26 試乗記 トヨタGRMN iQ スーパーチャージャー(FF/6MT)

専用仕立ての内外装とパワフルなエンジンを持つ、特別な「トヨタiQ」に試乗。その実力は……?

意外性のかたまり

これは愉快だ痛快だ。「GRMN iQ スーパーチャージャー」でカッ飛ばすのは、ただのドライビングというよりスパーリングの感覚に近い。舞台は富士スピードウェイのショートサーキット。合計12周ほどしか許されなかったが、う〜ん、降りられませんなあ。

それにしても、「これぞホットハッチ本来の姿だ」と、胸いっぱいに叫びたい。最近どうも世の中みんなぜいたくに慣れちまったけれど、庶民的なサンダル代わりの実用車、つまり小さなホットハッチに鼻のアブラを擦り込んで、心臓(エンジン)や足(タイヤとサスペンション)をちょいとばかり強化。
「え〜っ、あのクルマが、こんなに!」と驚かせる意外性にこそ、ホットハッチの妙味が宿るはず。だったら、「トヨタiQ」に換骨奪胎的な手術を施した「GRMN iQ スーパーチャージャー」こそ、ホットハッチの代表みたいなものだろう。

全長わずか3m、まるでマンガみたいにかわいい側面観の「iQ」なのに、パドックで出会ってみると、かなり印象が違う。ほんの子犬だったはずが、ヒンズースクワット500回くらいして頑張ったのか、けっこう逞(たくま)しいのだ。
前後のバンパーを拡大して全長は3140mm(+140mm)に。グッと張り出したオーバーフェンダーで全幅は1705mm(+25mm)と筋肉増強剤を効かせたうえで、低く固めたサスペンションで、全高は30mmもダウンの1470mm。そこに、195/55R16 87V(ブリヂストン・ポテンザRE050A) の“生意気なタイヤ”を履いたあたり、「おとな子供」みたいな雰囲気だ。

外装の大部分がノーマルと異なる「GRMN iQ スーパーチャージャー」。ヘッドランプも黒塗装のものが与えられる。
トヨタGRMN iQ スーパーチャージャー(FF/6MT)【短評】
アルミホイールはENKEIの「PF01」。ブレーキは、パッド、ローターともに専用品となる。
トヨタGRMN iQ スーパーチャージャー(FF/6MT)【短評】

トヨタGRMN iQ スーパーチャージャー(FF/6MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る