日産、新型「シーマ」の生産工程を公開

2012.04.25 自動車ニュース
塗膜の平滑性を上げるため、中塗りの後に「水研ぎ」を行う。担当する作業者はA班2名、B班2名の計4名。いずれも5マイクロメートル(0.005mm)の厚みを磨き上げる「匠」の腕の持ち主である。
日産、新型「シーマ」の生産工程を公開

日産、新型「シーマ」の生産工程を公開

日産自動車は、2012年4月25日に発表された新型「シーマ」について、その生産における品質管理への取り組みを公開した。

ポリッシャーに使用するペーパーは1000番。
ポリッシャーに使用するペーパーは1000番。
組み立て工程における「特別点検」は、2本ある点検用ラインのうち1本を「シーマ」専用として入念に行う。
組み立て工程における「特別点検」は、2本ある点検用ラインのうち1本を「シーマ」専用として入念に行う。
内外装を1台につき1時間かけて作業者が目で見て、触って確かめる「特別点検チェック」。担当するのは「VES」(ヴィークル・エバリュエーション・システム)の上級認定者5名で、うち2名は女性である。
内外装を1台につき1時間かけて作業者が目で見て、触って確かめる「特別点検チェック」。担当するのは「VES」(ヴィークル・エバリュエーション・システム)の上級認定者5名で、うち2名は女性である。

■仕上げが違うフラッグシップ

敷地面積約293万平方メートル(=東京ディズニーランド6つ分)、建物面積約83万平方メートルという広大な規模の日産自動車栃木工場。1968年に鋳造部品工場として稼働を始め、翌69年には車軸部品、そして71年に登場した「セドリック/グロリア(230型)」から車両生産も開始。以後、現在に至るまで鋳造、車軸、車両の一貫生産工場として稼働を続けている。

目下生産されている車両は、日産/インフィニティ両ブランドの高級車のみ。逆を言えば、日産/インフィニティの高級車は栃木工場でしか作られない。およそ2年ぶりに復活した日産ブランドの最高級モデルである新型「シーマ」も、当然ながらここで生産されるというわけだ。

この日公開されたのは、最高品質を誇る新型「シーマ」を生み出す特別な工程と、それに携わる「匠(たくみ)」と呼ばれる選ばれた高技能者による作業風景。具体的には、塗装工程における「水研ぎ」、組立工程における「特別点検」、そして品質検査工程における「特別点検」の3つの作業が例として公開された。

塗装工程における「水研ぎ」は、塗膜の平滑性を上げて塗装表面の鮮映性の向上、平たくいえば仕上がりを鏡面に近づけるための作業のひとつで、「シーマ」のみに実施される。「水研ぎ」は、シーマの塗装工程における「下塗り」「中塗り」「ベースコート」「クリアコート」の4工程のうち、2番目の「中塗り」と3番目の「ベースコート」間に行われる。担当するのは高技能者のみで、1台につき2人の作業者がボディーサイドの両側から30分かけて行うという。

組み立て終了後に行う車両の全数点検を、「シーマ」のみ通常の点検ラインから外して行うのが「特別点検」である。内容は作業者が内外装を目で見て、触って確かめる「特別点検チェック」と、ボディーパネルの隙間および段差をデジタル測定器でチェックする「特別点検建て付け」で、1台につき1時間半から2時間かけて入念に行う。

最後に実施される品質検査工程における「特別点検」とは、テストコースにおける試走である。他車種では抜き打ち検査のところ、「シーマ」は全数検査。後席にも点検者が同乗しての2名評価で、周回数も他車種の3周に対して5周となっている。こうした厳しい品質検査をパスした「シーマ」のみが、栃木工場長の直筆サイン入りの「品質検査確認書」を添えて出荷されるのである。

ボディーパネルの隙間および段差をデジタル測定器でチェックする「特別点検建て付け」作業。計測箇所は全36カ所(108項目)に及ぶ。
ボディーパネルの隙間および段差をデジタル測定器でチェックする「特別点検建て付け」作業。計測箇所は全36カ所(108項目)に及ぶ。
パネルの隙間を計測するノギス。測定データは無線でコンピューターに送られ、自動的に記録される。
パネルの隙間を計測するノギス。測定データは無線でコンピューターに送られ、自動的に記録される。
品質検査工程における「特別点検」と呼ばれる、テストコースにおける試走。栃木工場で10名というVESグローバル評価認定者が後席にも乗車し、2名で評価する。
品質検査工程における「特別点検」と呼ばれる、テストコースにおける試走。栃木工場で10名というVESグローバル評価認定者が後席にも乗車し、2名で評価する。

(文と写真=沼田 亨)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランドローバー・レンジローバーSVオートバイオグラフィー(前編) 2017.4.20 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」に試乗する。最もぜいたくでパワフルなレンジローバーを、谷口はどう表現するのだろうか。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る