トヨタから3台のワールドプレミア【北京モーターショー2012】

2012.04.24 自動車ニュース

【北京モーターショー2012】トヨタが3台のワールドプレミアを出展

トヨタ自動車は、2012年4月23日に開幕した北京モーターショーに、中国で開発しているハイブリッドカーを含む3台の世界初公開モデルを出展した。

「雲動双擎(ユンドンショワンチン)」と命名された青い4ドアセダンはハイブリッドコンポーネントを搭載。中国常熟市の研究開発センターが開発を進めている中国専用モデルだ。

一方、「TOYOTA Dear〜亲(チン)〜」と呼ばれるコンパクトカーは、グローバル戦略車のコンセプトモデル。今回はセダンとハッチバックの2台が公開された。

プレスカンファレンスで、トヨタ自動車の豊田章男社長は、「ハイブリッド技術で、中国のお客さまを笑顔にしていきたい。ハイブリッドの魅力を、中国で生まれたハイブリッドカーで皆さまにお届けしていく」と述べた。

(webCG 竹下)

「TOYOTA Dear〜亲(チン)〜」のハッチバック仕様とトヨタ自動車の豊田章男社長。
「TOYOTA Dear〜亲(チン)〜」のハッチバック仕様とトヨタ自動車の豊田章男社長。
「雲動双擎(ユンドンショワンチン)」
「雲動双擎(ユンドンショワンチン)」
「雲動双擎(ユンドンショワンチン)」
「雲動双擎(ユンドンショワンチン)」
「TOYOTA Dear〜亲(チン)〜」のセダン仕様
「TOYOTA Dear〜亲(チン)〜」のセダン仕様
「TOYOTA Dear〜亲(チン)〜」のハッチバック仕様
「TOYOTA Dear〜亲(チン)〜」のハッチバック仕様

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。