第450回:あえて言います「ハチロク、残念!」 Apple製品になり損ねた、奇跡のスポーツカー

2012.04.24 エッセイ

第450回:あえて言います「ハチロク、残念!」Apple製品になり損ねた、奇跡のスポーツカー

コレは日本のロータスだ!

大好評なだけに不肖・小沢、あえて言わせていただこう。「トヨタ86」、個人的にはかな〜り残念。っていうか、かなーり悔しい、と。今じゃあまりお見かけしない、ナンとか侍みたいでナンなんですけど(笑)。

というのも先日、やっと市販された86を借りて、丸2日間公道を走らせたんですね。ライトニングレッドの「GT」を。
もう、近所の5歳児、大喜びですわ。「カーズだカーズだ、トヨタのカーズ!」って(笑)。

そして、都内から箱根の試乗会場まで、距離にして300kmぐらい乗ったわけだけど、マジで走りはいい。っていうかサイコーです! 神奈川県の大磯で開催された試乗会の時も良いとは思ったけど、長く乗るとさらに良さが伝わってくる。まさしくこれは“日本のロータス”と呼んでもいいレベルだ。

まずはハンドリングよね。試乗会で乗った時は、意外にダルいステアリングフィールが気になった。「ユーノス・ロードスター」のような「最初の5mでわかる軽さやヴィヴィッドさ」はない。だが、距離にして4〜5km、走りだして30分ぐらいするとその良さがしみじみ伝わってくる。過敏ではないが、本当にクルマと対話できているのが分かる。
路面の状況、スピードの感覚、あるいは自分の感触。その昔、英国で開かれたロータスの試乗会に行った時に、「イギリス車は馬だ」って誰か表現したけど、そういう感じ。乗れば乗るほど楽しくなる味わいだし、かといって鋭すぎて疲れるということもない。

エンジンもそう。スバル製の2リッター「フラット4」は、最高出力200psで、ことさらパワフルなわけではない。最大トルクは6000rpmを超えて20kgmちょいなので、最近の超極太低速トルクのドイツ製直噴ターボに慣れた身としては、少々物足りない。「ちょっと細いな」とも思う。
だが、これもだんだん気にならなくなってくる。それどころか、「つゆがよく染み渡ったおでん」のように、深い味わいが伝わってくる。

別にスバルのフラット4は、BMWの直6のように、鋭くスムーズに回るわけではない。独特のゴロゴロした感触とともに、あえて(?)アナログに回る。ある種のざらつきが残っているのが、またキモチいい。
やや哲学的表現になるかもしれないけど、86に乗ると「運転の楽しさってなんだっけ?」って思う。確実に楽しくて、しかも懐かしいのだ。


第450回:あえて言います「ハチロク、残念!」 Apple製品になり損ねた、奇跡のスポーツカーの画像
一般道で「トヨタ86」をドライブする。フレームレスのルームミラー(写真)や細身のAピラーが採用されるなど、視界の確保にもこだわりが見られる。
一般道で「トヨタ86」をドライブする。フレームレスのルームミラー(写真)や細身のAピラーが採用されるなど、視界の確保にもこだわりが見られる。
フロントの奥まった位置に搭載される心臓部。スバル伝統の水平対向エンジンに、トヨタの直噴システムが組み合わされる。
フロントの奥まった位置に搭載される心臓部。スバル伝統の水平対向エンジンに、トヨタの直噴システムが組み合わされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』