【スペック】86 GT“リミテッド”:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1250kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=305万円(テスト車=322万8080円/ボディーカラー<サテンホワイトパール>=3万1500円/カジュアルナビ=12万9675円/ETC ブラックボイスタイプ=1万6905円)

トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6AT)【試乗記】

男子にだけじゃもったいない 2012.04.23 試乗記 トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6AT)
……322万8080円

とかくオトコっぽさで語られることが多いスポーツカー。話題の「トヨタ86(ハチロク)」は、女子の目からはどう見える?

当時のAE86は知らないが……

「ハチロクって、黒木メイサがCMしてるクルマですよね?」
「それは、スバルさんのBRZです」
「あ、ごめんなさい!(あちゃ〜、やっちまったぜ)」

そんな開発陣とのやりとりから始まった「トヨタ86(ハチロク)」試乗会。自動車ライターを名乗ってて、このていたらく。

なぜここまでハチロクがノーマークだったかというと、そのネーミングを聞いただけで、古くさくて、マニアっぽいと思って、ちょっと引いてしまっていたから。そりゃあ1歳半の息子の世話で、すっかり所帯じみてもいるけれど、先代のハチロク(AE86)はマンガでしか知らないし、それだって随分あとの話。“すでに終わった時代のクルマ”という気がしていたのです。

かくいう私、この仕事を始めるようになった27歳でオートマ限定を解除して、安く譲り受けた「日産180SX」でドリフトの練習に夢中になり、マンガ『頭文字D』で若者がクルマで峠を攻めることに夢中になった時代があったことも知ったけど、リアルにその時代を享受した人間でないとわからない空気感や熱狂ってものは知らない。つまり、昔のハチロクに関してはまったくのシロートです。なにせ、小学生だったんで。

初対面の新しいハチロクは、正直なところ、地味で華がないと感じた。サイドビューはそれなりにスポーツカーしているけど、フロントはのっぺりと平べったくて、なんだか日本人の典型顔みたい。残念! でも、乗ってみたら、なにかが違う。ワクワクしてきたのです。

フロントフェンダーに貼られる、ボクサーエンジンを図案化したエンブレム。
トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6AT)【短評】
水平基調のダッシュボードデザインは、車体の姿勢変化が判断しやすいようにという配慮から。
トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6AT)【短評】
メーターは3連配置。運転に必要な情報を瞬時に読み取れるよう、目盛りや書体の視認性にこだわったという。
トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ86に特別なオレンジ色の限定車登場 2016.11.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月14日、「86」に特別仕様車「GT“ソーラーオレンジリミテッド”」を設定したと発表した。合わせて86の「GT」グレードに「GT“リミテッド・ハイパフォーマンスパッケージ”」を追加設定した。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る