第4戦バーレーンGP決勝結果【F1 2012 速報】

2012.04.22 自動車ニュース

【F1 2012 速報】第4戦バーレーンGP、王者ベッテルが今季初優勝

F1世界選手権第4戦バーレーンGP決勝が、2012年4月22日、中東のバーレーン・インターナショナル・サーキット(5.412km)を57周して行われた。

政情不安に揺れ昨季中止となったバーレーンでの2年ぶりのGPは、当局とデモ隊の衝突といった不穏な空気に包まれたが、コース外の騒ぎはレースでは無縁だった。
王者レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが今季初ポールポジションから初優勝。接戦の今シーズン、ベッテルは今季4戦目にして4人目のウィナーとなり、チャンピオンシップをリードすることとなった。

2位キミ・ライコネン、3位ロメ・グロジャンとロータス・ルノーが健闘。予選11位からの出走となったライコネンは、一時ベッテルの後方1秒以内まで詰め寄ったが抜き切れず。フランス人グロジャンは自身初の表彰台にのぼった。

もう1台のレッドブル、マーク・ウェバーは予選3位から4位フィニッシュとなり、上位4台がルノーエンジン搭載車で占められた。前戦中国GPでキャリア初優勝を成し遂げたメルセデスのニコ・ロズベルグは、各車と激しいつばぜり合いを繰り広げての5位、ライバルのほとんどが3ストップ作戦をとったなか2ストップで善戦したフォースインディア・メルセデスのポール・ディ・レスタが6位入賞を果たした。

フェラーリはフェルナンド・アロンソ7位、フェリッペ・マッサ9位とダブル入賞。マッサは今季初のポイントをようやく獲得できた。
ピットストップでタイヤ交換に2度も手間取ったマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが8位、今年に入っての連続ポディウムは3戦で終わった。まさかの予選Q1敗退となったメルセデスのミハエル・シューマッハーが10位まで挽回し得点に成功した。

以下、11位セルジオ・ペレス(ザウバー・フェラーリ)、12位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア)、13位小林可夢偉(ザウバー)、14位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ・フェラーリ)、15位ダニエル・リチャルド(トロロッソ)、16位ビタリー・ペトロフ(ケイターハム・ルノー)、17位ヘイキ・コバライネン(ケイターハム)、18位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、19位ティモ・グロック(マルシャ・コスワース)、20位ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRTコスワース)、21位ナレイン・カーティケヤン(HRT)、22位ブルーノ・セナ(ウィリアムズ・ルノー)が完走した。

前年のチャンピオン、ベッテルが息を吹き返し、ポイントを53点としてランキング首位へ。2位の座は49点でハミルトン、3位は48点のウェバー、4位は今回ノーポイントに終わり43点のままのバトン、5位に同点でアロンソと続く。
コンストラクターズチャンピオンシップは、レッドブルが101点でトップに上昇。92点のマクラーレンが2位、57点のロータスが3位、45点でフェラーリ4位、37点のメルセデス5位という上位の顔ぶれである。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。