クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4015×1882×1180mm/ホイールベース=2460mm/車重(乾燥重量)=1132kg/駆動方式=MR/3.6リッターV6DOHC24バルブ(300ps/6600rpm、35.7kgm/2500rpm)/価格=1189万円(テスト車=1251万9100円/レザーシート<カーボンブラック>=27万4000円、レザーパッケージ<カーボンブラック>=23万4900円、スウェードステアリングホイール=6万100円、シートヒーター=6万100円)

アルテガGT(MR/6AT)【試乗記】

育てて楽しむ良馬 2012.04.22 試乗記 アルテガGT(MR/6AT)
……1251万9100円

手作りで少量生産される、ドイツのスポーツカー「アルテガGT」に試乗。果たして、その走りは? クルマとしての完成度は?

4年越しの日本上陸

アルテガは2006年、ドイツのヴェストファーレン州デルブリュックという町で生まれる。エンブレムに使われている紋章は、伝統ある町の紋章でもある。その黒い犬は“守り神”を意味し、ローズヒップの実が10個なのは、デルブリュックが10地区からなることを示している。
会社を創設したのは、自動車用の電子システムサプライヤー「パラゴン」の会長クラウス・ディーター・フルーレスで、現在はポルシェやBMWで新型車の開発に携わってきたペーター・ミューラーが社長を務めている。

この「アルテガGT」は、2007年のフランクフルトモーターショーで発表されたもので、2011年3月のジュネーブモーターショーでは動力を電気モーターに換えた「アルテガSE」も追加。2011年6月には、アルテガジャパンを通じて、日本市場で「GT」が発売されることになった。ショールームは、東京の東麻布にある。

クルマは独自のアルミニウム製スペースフレームを持ち、ボディーはポリウレタン素材をカーボンファイバーで補強。新素材やハイテク満載の“新企画スポーツカー”である。
心臓部は、フォルクスワーゲンのDOHC狭角V6を直噴としたもので、3.6リッターの排気量から300psと350Nm(35.7kgm)を発生。同じくフォルクスワーゲン製の6段DSGが組み合わされ、ミドにマウントされる。

公表されている性能値は、最高速度=270km/h、0-100km/h加速タイム=4.8秒となっている。写真など手元の資料からも、つまりは“ドイツ製ロータス”のようなものと想像できる。

「アルテガGT」のコクピット。本革仕立てのインテリアはオプションで、写真のカーボンブラックのほか、パーチメントベージュ、チェリーレッド、タバコブラウンが選べる。
「アルテガGT」のコクピット。本革仕立てのインテリアはオプションで、写真のカーボンブラックのほか、パーチメントベージュ、チェリーレッド、タバコブラウンが選べる。 拡大
写真上部に見えるのが「アルテガGT」のエンブレム。生まれ故郷であるドイツ・ヴェストファーレン州デルブリュックの紋章を元にデザインされている。
(写真=アルテガジャパン)
写真上部に見えるのが「アルテガGT」のエンブレム。生まれ故郷であるドイツ・ヴェストファーレン州デルブリュックの紋章を元にデザインされている。(写真=アルテガジャパン) 拡大
注目の記事PR
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
  • 「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃!
    「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃! ダイソン
注目の記事一覧へ

肌で感じられる高性能

既存のスポーツカーに極力似ないことを心掛けたというデザインは、BMWの「Z8」やアストン・マーティンの「DB9」「V8ヴァンテージ」を手掛けたヘンリック・フィスカーの手に成るもの。

乾燥重量1132kgの車重に対してエンジンの最大トルクは35.7kgmであるから、走りだしは拍子抜けするくらい軽やかだ。DSGは高回転まで無用に“引っ張る”ことなく、負荷に応じて1000rpmから2000rpmくらいでシフトアップしていくから、静かで経済的なドライブが可能。60km/hでも6速トップギアに送り込むことができ、エンジンはアイドリング+αの回転域でユルユルと回る。極端な言い方をすれば、まるでエコカーのようにさえ感じられる。

これもまた、アルテガGTというクルマのもつ表情である。スポーツカーのように性能を追求したクルマが、結果として効率に優れるのは当然だ。そしてどのギアポジションであれ、スロットルを開けるとたちどころに目の覚めるような加速に移る。
今回は公道における試乗であるから、極限的な高回転域は経験していないが、低いギアでは無負荷でエンジンを回す感覚になる反面、ギアポジションが高くなるほど減速比は小さくなり、かえって加速がいいようにも感じられる。それだけの低速トルクを有しており、身軽な速さを実現しているのだ。

また、直進性の良さも印象的だ。40km/hから60km/h程度の速度域でも感じられる“特別に作りこまれた感触”が、速度を上げてゆくにつれて、ドライバーにとっての頼もしさへとつながる。

スポーツカー然としたスタイリングの「アルテガGT」。比較的近い構成である英国のスポーツカー「ロータス・エヴォーラIPS」に比べ、355mm短く、32mm幅広く、50mm低い。
スポーツカー然としたスタイリングの「アルテガGT」。比較的近い構成である英国のスポーツカー「ロータス・エヴォーラIPS」に比べ、355mm短く、32mm幅広く、50mm低い。 拡大
ミドに搭載されるエンジンは、「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR36」と同じ3.6リッターV6ユニット。リアエンドのメッシュ部にはファンが備わる。
ミドに搭載されるエンジンは、「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR36」と同じ3.6リッターV6ユニット。リアエンドのメッシュ部にはファンが備わる。 拡大
「アルテガGT」の最高速度は、公称270km/h。4.8秒の0-100km/h加速タイムは、3代目となる新型「ポルシェ・ボクスター」(5.1秒)をしのぐ。
「アルテガGT」の最高速度は、公称270km/h。4.8秒の0-100km/h加速タイムは、3代目となる新型「ポルシェ・ボクスター」(5.1秒)をしのぐ。 拡大

緻密であっても、きゃしゃではない

このクルマについて経験から言えるのは、正しいアライメントを持ち、タイヤの接地感が確保されているだけではなく、サスペンション全体の剛性が素晴らしく高いこと、そして作りが精緻であるということだ。

この感触は、誤解を恐れずに言えば、同様にノーズにエンジンを持たないポルシェよりもしっかりとした、直進時の安定感をもたらす。微舵角(だかく)を与えてもすぐに直進に戻ろうとする復元性が得られているのはもちろん、サスペンションのアーム長などもしっかり取られており、左右輪でアライメント変化の少ない素直な動きが感じられる。
今回は経験できなかったが、おそらく、路面のうねったタイトコーナーなどでは、「ポルシェ911」に比べてバンプステアが少ないと思う。路面の凸凹によるステアリングの乱れがほとんど無いのだ。

とはいえ、車検証上の車両重量=1290kgの前後配分は、530kg:760kg。これに対してフロントタイヤは235/35R19と決して細くはないから、面圧の高さで、特別有利なわけでもない。
車速感応式の電気モーターアシストによるパワーステアリングの操舵(そうだ)力は、現代の基準で言って、軽い方である。当日は雨で路面もぬれていたが、適度に路面の感触をフィードバックすることも忘れておらず、軽すぎて無感覚ということもない。アシストのないラック&ピニオン式ステアリングに近い。フルロック2.4回転のギア比も速すぎずちょうど良い。
しかし、タイヤが太いがゆえにステアリングの切れ角は少なめで、4m程度の全長のわりには、回転半径は大きい印象だ。

ボディー剛性、そしてサスペンションも、大いに信頼を寄せられるもので、この種のハンドメイドによる少量生産車にありがちな、きゃしゃな印象は皆無だ。それは、しっかりした操作の感触が得られる以上に、仮に実用車として酷使した場合の寿命の点で、相当長持ちするだろうという安心感につながる。

ホイールのサイズは、前後とも19インチ。写真の「スタンダード」のほか、「ダブルスポーク」なる異デザインのものや、カラーのオーダーシステムも用意される。組み合わされるタイヤのサイズは、前:235/35R19、後:285/30R19。
ホイールのサイズは、前後とも19インチ。写真の「スタンダード」のほか、「ダブルスポーク」なる異デザインのものや、カラーのオーダーシステムも用意される。組み合わされるタイヤのサイズは、前:235/35R19、後:285/30R19。 拡大
乗車定員は2名。スポーティーなデザインのシートには、オプションでシートヒーターも付けられる。
乗車定員は2名。スポーティーなデザインのシートには、オプションでシートヒーターも付けられる。 拡大

アルテガGT(MR/6AT)【試乗記】の画像 拡大

有名ブランドとは異なる魅力

ハンドメイドであることから、場当たり的に改良や変更が実施されそうな箇所も全く無いわけではないが、エンジンを過度なよりどころとすることのない、バランスのよいクルマである。そうしたポイントを強いて探すなら、ボディーや骨格がそれに当たるのだろうが、それらも必要とあらば、いつでも改良の対象となるだろう。

ただアルテガGTには、弱点というべきか、訴求力が希薄に感じられる部分もある。かつてのフェラーリ、ロータス、ポルシェのような個性派に比べて、「一人の作り手の好み」が貫かれているというような、ドライバーに対して強烈に訴えかけるような所がない。そういった意味では“知恵の集合体”的キャラクターであり、必ずしもこのクルマを選ばなければならない、という強い意識をもちにくい。

反面、自分の好みを反映できる余地は大きいわけで、ストックのままでは“無印”でも、自分で育てていくという楽しみはある。それは、有名ブランド品を買って、周囲の目を気にしながら見えに乗せられて楽しむのではなく、多くの人が知らない無名の良い品を最初に発見する喜びにも似ている。
既成のブランド車と違うことは一目瞭然。けれども、見ても走らせても迫力はあるし、1200万円の買い物ともなれば、それなりに所有する満足感も大きいはずだ。

今回は、大して長い距離を乗れなかったが、2日間手元にある間、コンビニの買い物などにも使ってみると、すぐ飽きて嫌になるようなクルマではないことがわかった。乗るほどに新たな発見もあって、長く付き合ってもいいなぁと思えてくるクルマである。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)

車体前方、ボンネットの下に、ラゲッジスペースが確保される。
車体前方、ボンネットの下に、ラゲッジスペースが確保される。 拡大
上半分に回転計を、下半分に速度計を配した、特徴的なメーターまわり。両端に見える円形の計器はアニメーションで、外気温や水温など必要なメニューに任意で切り替えることができる。
上半分に回転計を、下半分に速度計を配した、特徴的なメーターまわり。両端に見える円形の計器はアニメーションで、外気温や水温など必要なメニューに任意で切り替えることができる。 拡大
燃費は、欧州公表値(Euro5)で10.9km/リッター。燃料タンクの容量は68リッターが確保されている。
燃費は、欧州公表値(Euro5)で10.9km/リッター。燃料タンクの容量は68リッターが確保されている。 拡大
あなたにおすすめの記事