新型「ザ・ビートル」受注開始、実車イベントも

2012.04.20 自動車ニュース
 
新型「ザ・ビートル」受注開始、実車イベントも

新型「ザ・ビートル」受注開始、実車イベントも

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年4月20日、新型「ザ・ビートル」の受注を開始した。これにともない日本デビューを記念して、ザ・ビートルの実車イベント「The Beetle PARADE」を、2012年4月20日から22日までの3日間、東京・丸の内で開催する。

 
新型「ザ・ビートル」受注開始、実車イベントもの画像
 
新型「ザ・ビートル」受注開始、実車イベントもの画像
 
新型「ザ・ビートル」受注開始、実車イベントもの画像

■まずはレザーパッケージ仕様から

既報のとおり2011年4月に上海、ベルリン、ニューヨークの3都市で同時発表され、日本では同年11月の東京モーターショーでお披露目された新型「ザ・ビートル」の国内受注が開始された。

日本に導入されるエンジンは、105ps/5000rpm、17.8kgm/1500-4100rpmを発生する1.2リッター直列4気筒ターボ。トランスミッションは7段DSGが組み合わされる。10・15モード燃費は17.2km/リッターとなり、1.6リッターの「ニュービートル」と比べて、48%向上したという。

ザ・ビートルは、本国では装備の違いによって3種類の装備ラインが用意されるが、日本にやってくるのは1種類のみ。内外装をカラーコーディネートした「デザイン」と呼ばれるグレード。これにはファブリック(標準)仕様とレザーパッケージ仕様があり、まずはレザーパッケージ仕様を導入し、追ってファブリック仕様が導入される予定という。

レザーパッケージには、前席シートヒーター付きレザーシートやレザー3本スポークステアリングホイール、パドルシフトなどが標準装備される。
また、横滑り防止装置(ESP)、制動時の安定性を確保する「ドライバー・ステアリング・リコメンデーション(DSR)」、フロント/サイドエアバッグなどの安全装備も標準で備わる。

ボディーカラーは、キャンディホワイト、トルネードレッド、サターンイエロー、デニムブルー、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリックの全6色を用意。
価格は、先に導入されるレザーパッケージが303万円、標準モデルが250万円となる。販売は6月1日から開始される。

挨拶をするフォルクスワーゲン・グループ・ジャパン、マーケティング本部長の正本嘉宏氏。後ろにある幅9mの巨大モニターにラッピングされた「ザ・ビートル」を映し出し、バーチャルパレードする。
挨拶をするフォルクスワーゲン・グループ・ジャパン、マーケティング本部長の正本嘉宏氏。後ろにある幅9mの巨大モニターにラッピングされた「ザ・ビートル」を映し出し、バーチャルパレードする。
プロジェクションマッピング(3D投影)でデザインを実写に映し出す。
プロジェクションマッピング(3D投影)でデザインを実写に映し出す。
デザインコンテストで井浦さんが一番気に入ったデザインをラッピングした「ザ・ビートル」(写真右)。選んだポイントを聞かれると「とても個性的なところと、日本人なら波を書きたくなってしまうところだけど、ファイアーパターンを使って表現しているところに引かれました」と語った。
デザインコンテストで井浦さんが一番気に入ったデザインをラッピングした「ザ・ビートル」(写真右)。選んだポイントを聞かれると「とても個性的なところと、日本人なら波を書きたくなってしまうところだけど、ファイアーパターンを使って表現しているところに引かれました」と語った。

■バーチャルとリアルの融合

今回開催される「The Beetle PARADE」は、「ザ・ビートル」のデザインを楽しむグラフィックイベント。実車の展示はもちろん、事前に実施されたデザインコンテスト「The HEART Beetle」にエントリーされた6000点以上のデザインの中から選ばれた作品を巨大モニターで紹介したり、3D投影で実車にデザインを写し出すなど、バーチャルとリアルを融合した内容だ。

オープニングイベントでは、アートナビゲーターとしてクリエイターの井浦新さんが登場。エントリー作品の中で、井浦さんが一番気にいったデザインにラッピングされた実車がお披露目された。

トークセッションで井浦さんは、「幼少のころからビートルが身近にある生活だったので、好きなクルマといえばビートル、という存在なんです」と話し、新しいザ・ビートルについては、「初代『ビートル』を彷彿(ほうふつ)とさせるデザインの中に、今風の新しさが混ざり合ってすごく魅力的ですね。そして男らしいデザインに進化しているなと感じました」とコメントした。

「The Beetle PARADE」
日時:2012年4月20日から22日 11:00〜20:00
会場:丸の内ビルディング MARUCUBE(マルキューブ)
http://www.marunouchi.com/marubiru/index.html

(webCG ワタナベ)

 
新型「ザ・ビートル」受注開始、実車イベントも
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第2回:王道と個性派の競演!
    輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~
    2017.2.21 JAIA輸入車試乗会2017 300万円台のオススメインポートカーはこれだ! webCG編集部員が「アウディA3スポーツバック」と「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」「シトロエン・グランドC4ピカソ」「アバルト124スパイダー」の走りをリポートする。
ホームへ戻る