第241回:イタリア語の勉強に役立つ!? 「フィアット少年兵」に「デ・トマゾ ナガタニ」

2012.04.20 エッセイ

第241回:イタリア語の勉強に役立つ!? 「フィアット少年兵?」に「デ・トマゾ ナガタニ?」

「ダットサン」と「日産」

日産自動車は2012年3月20日、インドネシアで行われた記者会見で、「DATSUN(ダットサン)」ブランドを復活させることを発表した。日産、インフィニティに続く第3のグローバルブランドとして、2014年からインド、インドネシアおよびロシアを皮切りに販売開始するという。

戦後の日本市場に関していえば、日産は長年ダットサンを小型車ブランドと位置づけ、「ブルーバード」や「サニー」などに用いてきた。ただし1966年生まれのボクが物心ついた頃には、ダットサンというブランド名の存在感はかなり薄くなっていた。ダットサンといえば、家に配達に来るお米屋さん兼燃料店のおじさんが乗る「ダットサントラック」だった。だから1970年代中盤のある日、ブルーバードの正式名称が依然として「ダットサン・ブルーバード」であったことを知ってひどく驚いたものだ。

ダットサン・ブルーバードの販売店で「日産プレジデント」も売っているのに、なんで別々のブランドと認識しなければならないんだ? というのがボクの率直な思いだった。ブルーバードより下位車種である「バイオレット」が日産ブランドなのも解せなかった。

したがって1980年代に入って当時の石原俊社長が輸出市場におけるブランド名を「NISSAN」に統一したときも、戦前からのダットサンを知る人には衝撃的だったようだが、ボクとしては「当然の流れだろう」とクールに受け取ったものである。
また欧州市場に関していえば、日産車がユーザーに広く定着したのは、日産に統一されてからである。ダットサン時代を知る人は少数派だ。そうしたことから、ボクの周辺でダットサンにノスタルジーを感じるといった話を聞いたことはない。

しかしダットサンという名前そのもののユニークさについては、ボクは評価している。自動車史に詳しい方ならご存じのとおり、その始まりは1914年、当時の快進社(日産自動車の前身)自動車工場が製造第1号車に「ダット」と名付けたことにさかのぼる。

“DAT”は同社の恩人3名の頭文字と「脱兎(だっと)」をかけあわせたものであった。やがて日産財閥の総帥・鮎川義介の資本参入を機会に、ダットの息子を意味する“DATSON”に改名され、さらに語尾がSON(損)よりも縁起のよいSUN(太陽)に変更された。

自動車に関するネーミングの世界で日本語が用いられ、海外でも一定の知名度を得たという例では、「トヨタ・カムリ」(冠)「三菱ふそう」(扶桑)に先駆けた快挙といえる。

1971年「ダットサン・ブルーバードU」(610型)
1971年「ダットサン・ブルーバードU」(610型)
初期型「フィアット・カンパニョーラ」(1951-1973年)
初期型「フィアット・カンパニョーラ」(1951-1973年)
「フィアット500 ジャルディニエラ」。1966年からアウトビアンキにブランド名が替えられて1977年まで生産された。
「フィアット500 ジャルディニエラ」。1966年からアウトビアンキにブランド名が替えられて1977年まで生産された。
「フィアット1100D ファミリアーレ」(1962-1966年)
「フィアット1100D ファミリアーレ」(1962-1966年)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。