GMジャパン、キャデラック・エスカレードを発売

2012.04.19 自動車ニュース
写真は北米仕様車。
GMジャパン、キャデラック・エスカレードを発売

GMジャパン、フルサイズSUV「キャデラック・エスカレード」を発売

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年4月19日、キャデラックブランドのフルサイズSUV「エスカレード」を5月26日に発売すると発表した。上級グレード「エスカレード プラチナム」もラインナップに加わる。


GMジャパン、キャデラック・エスカレードを発売

「キャデラック・エスカレード」は、初代モデルが1999年に登場。2007年にデビューした現行モデルは3世代目にあたり、「アート&サイエンス」をデザインコンセプトとした迫力のスタイルと、全長×全幅×全高=5155×2040×1945mmの堂々たるボディーを特徴とする。キャデラックの象徴ともいえる大型フロントグリルや、22インチの大径クロームアルミホイールなども備わる。

パワートレインは、最高出力409ps/5700rpmと最大トルク57.4kgm/4300rpmを発生するオールアルミ製6.2リッターV8エンジンと、6段オートマチックトランスミッションとの組み合わせ。同エンジンは、軽負荷での走行時4気筒のみに燃料噴射し燃料消費を抑える、アクティブ・フューエル・マネジメントシステムを採用する。

駆動方式は、横転抑制機能付きスタビリトラック(車両安全性制御システム)やABSと統合制御されるフルタイム4WDシステムを採用。サスペンションには、道路や走行の状況を各種センサー検知し、磁性流体を封入したダンパーの減衰力を自動的に制御する「マグネティック・ライドコントロール」が装備される。安全面では3列目の乗員まで保護するヘッドカーテン・サイドエアバッグなど、最新の安全装備も用意される。

今回導入されるモデルは、3列シート/7人乗り仕様。新たにラインナップに加わる上級グレード「プラチナム」には、アニリン仕上げの「テハマレザーシート」や、「オーバーヘッド・リアシート・エンターテインメント・システム」、「電動スライド&チルトサンルーフ」が装備されるほか、冷たい飲物、温かい飲物の両方を保持できる「ヒート&クールカップホルダー」、乗り降りの際ドアの開閉に連動して自動的にステップが出る「パワーリトラクダブルアシストステップ」なども備わる。

価格は、エスカレードが849万円。エスカレード プラチナムは990万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。