フィアット、限定車「500+BILSTEIN」を発売

2012.04.19 自動車ニュース
「フィアット500+BILSTEIN」
フィアット、限定車「500+BILSTEIN」を発売

フィアット、50台限定「500+BILSTEIN」を発売

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2012年4月19日、「フィアット500」にドイツのサスペンションメーカー、ビルシュタインのサスペンションキットを装着した限定車「500+BILSTEIN(チンクエチェント プラス ビルシュタイン)」を発売した。販売台数は50台限定。

「フィアット500+BILSTEIN」に装着される専用キット。
フィアット、限定車「500+BILSTEIN」を発売

「500+BILSTEIN」は、1.2リッター直4 SOHC 8バルブエンジンに5段MTを組み合わせた「500 1.2 SPORT」をベースに、専用のチューニングが施されたビルシュタイン製サスペンションキットを装着。「軽快な走りをさらに追求した」という限定モデルだ。
「ビルシュタイン製ダンパーの優れた基本性能により、シャープな操舵(そうだ)感と高い操縦安定性を実現。運転する愉しさをさらに高めた」とフィアットはうたう。

特別装備の内容は以下のとおり
「500+BILSTEIN」専用ビルシュタイン製サスペンションキット
・ビルシュタイン製車高調整機能付きダンパー
(フロント倒立、リア正立、500+BILSTEIN専用ステッカー付き)
・H&R製専用スプリング(パソドブレ レッドに塗装)
・ビルシュタインエンブレム(リアハッチ、運転席ドア)

キットに含まれる前後のスプリングは、ベースモデルに用意されるボディーカラーのひとつ「パソドブレ レッド」で塗装。同色の専用ステッカーも用意されるなど、細部にもこだわりを見せる。

価格は208万円。ベースモデルと同価格の設定とされた。

(webCG)

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
ホームへ戻る