シトロエン、「DS3ウルトラプレステージ」発売

2012.04.19 自動車ニュース

シトロエン、「DS3」の最上級グレード「ウルトラプレステージ」発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年4月19日、「シトロエンDS3」に最上級グレード「DS3 Ultra Prestige(ウルトラプレステージ)」を設定し、発売した。

「シトロエンDS3」は、シトロエンの新たなモデルラインである「DSシリーズ」の第1弾として、2010年5月に日本での販売がスタート。それから約2年を経た今回、新たな最上級グレード「DS3ウルトラプレステージ」がラインナップに加わった。

「ウルトラプレステージ」は、ボディーカラーに新色のブラウンヒッコリーを含む全4色を設定。ルーフカラーはノアールオニキス(黒)とブランオパール(白)の2色から選択でき、いずれにもルーフステッカー「LUXE(ルクセ)」が装着される。足元には17インチのツートーングレーアルミホイールを採用、そのほか専用装備として、フロントグリルなどにダーククロームデコレーションが施される。

インテリアでは、白黒ツートーンのクラブレザーを使用したスポーツタイプのシートを装備。シートのバックレスト上部には「DS」のロゴがあしらわれ、シートのセンター部には時計のベルトをモチーフにしたウオッチストラップデザインが採用されている。また、「ウルトラプレステージ」専用装備としてオーディオにHiFi 8スピーカーを内蔵、「音質でも上質感にこだわった」という。

「ウルトラプレステージ」のラインナップは、1.6リッター直列4気筒DOHCエンジン(120ps)に4段ATを組み合わせた「Chic(シック)ウルトラプレステージ」と、1.6リッター直列4気筒 DOHCターボエンジン(156ps)に6段MTを組み合わせた「Sport Chic(スポーツシック)ウルトラプレステージ」の2グレード。

価格は、シック ウルトラプレステージが286万円、スポーツシック ウルトラプレステージが299万円で、いずれも受注生産モデルとなる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT) 2013.11.19 試乗記 個性的なスタイリングと活発な走りで、ユニークな存在感を放っている「シトロエンDS3」。空を味方につけて、その魅力はどう変わったのだろうか。真っ赤な「シトロエンDS3カブリオ スポーツシック」で秋の箱根を行く。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】 2013.10.6 試乗記 シトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」に、セミオープンの「DS3カブリオ」が登場。ボディーの随所に散りばめられた、ダブルシェブロンの魅力とアイデンティティーに触れた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
ホームへ戻る