シトロエン、「DS3ウルトラプレステージ」発売

2012.04.19 自動車ニュース

シトロエン、「DS3」の最上級グレード「ウルトラプレステージ」発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年4月19日、「シトロエンDS3」に最上級グレード「DS3 Ultra Prestige(ウルトラプレステージ)」を設定し、発売した。

「シトロエンDS3」は、シトロエンの新たなモデルラインである「DSシリーズ」の第1弾として、2010年5月に日本での販売がスタート。それから約2年を経た今回、新たな最上級グレード「DS3ウルトラプレステージ」がラインナップに加わった。

「ウルトラプレステージ」は、ボディーカラーに新色のブラウンヒッコリーを含む全4色を設定。ルーフカラーはノアールオニキス(黒)とブランオパール(白)の2色から選択でき、いずれにもルーフステッカー「LUXE(ルクセ)」が装着される。足元には17インチのツートーングレーアルミホイールを採用、そのほか専用装備として、フロントグリルなどにダーククロームデコレーションが施される。

インテリアでは、白黒ツートーンのクラブレザーを使用したスポーツタイプのシートを装備。シートのバックレスト上部には「DS」のロゴがあしらわれ、シートのセンター部には時計のベルトをモチーフにしたウオッチストラップデザインが採用されている。また、「ウルトラプレステージ」専用装備としてオーディオにHiFi 8スピーカーを内蔵、「音質でも上質感にこだわった」という。

「ウルトラプレステージ」のラインナップは、1.6リッター直列4気筒DOHCエンジン(120ps)に4段ATを組み合わせた「Chic(シック)ウルトラプレステージ」と、1.6リッター直列4気筒 DOHCターボエンジン(156ps)に6段MTを組み合わせた「Sport Chic(スポーツシック)ウルトラプレステージ」の2グレード。

価格は、シック ウルトラプレステージが286万円、スポーツシック ウルトラプレステージが299万円で、いずれも受注生産モデルとなる。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】 2013.10.6 試乗記 シトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」に、セミオープンの「DS3カブリオ」が登場。ボディーの随所に散りばめられた、ダブルシェブロンの魅力とアイデンティティーに触れた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る