アウディが「RS Q3コンセプト」出展【北京モーターショー2012】

2012.04.18 自動車ニュース
「アウディRS Q3コンセプト」
アウディが「RS Q3コンセプト」出展【北京モーターショー2012】

【北京モーターショー2012】アウディ、高性能SUV「RS Q3コンセプト」を出展

独アウディは2012年4月23日に開幕する北京モーターショーで、高性能SUVのスタディーモデル「RS Q3コンセプト」を出展する。

リアにはテールパイプを内蔵したディフューザーを装備。
リアにはテールパイプを内蔵したディフューザーを装備。
中国お披露目モデルらしく、タコメーターのレタリングは漢数字に。
中国お披露目モデルらしく、タコメーターのレタリングは漢数字に。
シートやドアトリムには青いアルカンターラのアクセントが入る。
シートやドアトリムには青いアルカンターラのアクセントが入る。

「RS Q3コンセプト」は小型SUV「Q3」をベースに高性能化したモデル。360psを発生する2.5リッター直列5気筒直噴ターボエンジンを搭載し、動力性能は0-100km/h加速が5.2秒、最高速は265km/hとうたわれている。

ドライブトレインは、7段Sトロニック(デュアルクラッチ・トランスミッション)にクワトロ4WDシステムを組み合わせたもの。通常はほぼ前輪のみで駆動するが、スリップを検知すると電子制御の油圧多板クラッチが作動して4WDとなる、「RS3スポーツバック」(日本未導入)などと同じ方式の4WDシステムとなる。

トレードマークの“シングルフレームグリル”には、他の「RS」シリーズと足並みをそろえてハニカムが採用され、バンパーの左右両端に位置するエアインテークは大型化されている。また、動力性能の向上に合わせて車高は25mm下げられ、255/30R20サイズのタイヤを装着するなど、外観は標準型のQ3と比べて精悍(せいかん)なものとなっている。

(webCG 竹下)

インテリアのそこかしこでカーボンパネルがスポーティーさを表現。
インテリアのそこかしこでカーボンパネルがスポーティーさを表現。
2.5リッター直5ターボエンジンは360psを発生する。
2.5リッター直5ターボエンジンは360psを発生する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS Q3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る