【スペック】全長×全幅×全高=4525×1855×1710mm/ホイールベース=2690mm/車重=1700kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.1kgm/4400rpm)/価格=354万8000円(テスト車=同じ)

ルノー・コレオス プレミアム(4WD/CVT)【試乗記】

のんびり系SUV 2012.04.18 試乗記 ルノー・コレオス プレミアム(4WD/CVT)
……354万8000円

仏・韓・日の3国が手を組んだ、グローバルSUV「コレオス」。2012年1月にマイナーチェンジが施された新型で、その乗り味を試した。

ヨーロッパでSUVが人気の理由

2012年3月頭のジュネーブモーターショーで勢いが感じられたのは、オープンカーとSUVだった。特にちょっと背が高いSUV/クロスオーバーのカテゴリーでは市販モデルはもちろん、日産の「ハイクロスコンセプト」から「ベントレーEXP 9 F」にいたるまで、コンセプトカーも面白いものが多かった。そういえば、ジュネーブの街のあちこちで「レンジローバー イヴォーク」を見かけたっけ。

ドイツ在住のジャーナリストによると、ヨーロッパ全体で自然回帰の動きがあり、このムーブメントがオープンカーやSUVの人気に通じているのだという。実際、SUVとともにアウトドア趣味の本もばんばん売れているそうだ。

ヨーロッパのみなさんの気持ちは想像するほかないけれど、要は「のんびり行こうよ」ということではないか。おカネもうけにまい進するスピードをちょこっと緩めて釣り糸でも垂れようよ、ということだと思う。
脱線すると、だったらいま『釣りバカ日誌』を輸出したら絶対にウケるはず。ハマちゃんは確か、「パジェロ」などのSUVに乗っていた。

脱線した話を元に戻すと、個人的にハマちゃんが乗ったらぴったりだと思うのが「ルノー・コレオス」だ。SUVもたくさん登場して、「オシャレ」系から「ワイルド」系にいたるまで細分化されているけれど、「のんびり行こうよ」系SUVの筆頭がコレオスだと思うのだ。

2012年1月末にマイナーチェンジを受けた「ルノー・コレオス」に試乗する機会を得たので、都内から箱根まで往復してみた。

「プレミアム」には、ベージュのレザーシートが標準で備わり、上質感が演出される。「ダイナミック」ではこれがダークカーボン色のファブリックとなる。
「プレミアム」には、ベージュのレザーシートが標準で備わり、上質感が演出される。「ダイナミック」ではこれがダークカーボン色のファブリックとなる。
ルノー・コレオス プレミアム(4WD/CVT)【試乗記】の画像
フロントと異なり、リアビューには変化がない。ボディーカラーは白、黒、灰、橙、赤の5色で、いずれもメタリック塗装。ホイールのデザインも新しくなっている。
フロントと異なり、リアビューには変化がない。ボディーカラーは白、黒、灰、橙、赤の5色で、いずれもメタリック塗装。ホイールのデザインも新しくなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コレオスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る