「トヨタ・ハイエース」を一部改良

2012.04.17 自動車ニュース
「トヨタ・ハイエース ワゴン GL」
「トヨタ・ハイエース」を一部改良

「トヨタ・ハイエース」を一部改良

トヨタ自動車は、「ハイエース」の商用バンと乗用ワゴン、コミューターならびに、その姉妹車の商用バン「レジアスエース(バン)」を一部改良し、2012年5月7日に発売する。

「トヨタ・レジアスエース スーパーGL」
「トヨタ・ハイエース」を一部改良

今回の変更点は、装備の追加が主な内容。
全車のフロントルームランプにドアを閉めた後も一定時間点灯するイルミネーテッドエントリーシステムを採用するとともに、盗難防止システムを装備。バン「DX」を除く「ハイエース」「レジアスエース」に車速感応パワードアロックを装備し、防犯性・利便性を高めたという。

ディーゼルエンジン搭載車には、触媒の浄化を手動で補うことができる排出ガス浄化スイッチ(触媒浄化用)を標準装備。コミューター「DX」には、リアシートに上下調整式ヘッドレストやリクライニング機能を採用した。

さらに、ロービーム・オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプやバックモニター内蔵自動防眩インナーミラーを全車にオプション設定するなど、装備の充実が図られた。

価格は、「ハイエース」と「レジアスエース」のバンが206万8000円から323万1000円。「ハイエース」ワゴンは247万4000円から352万7000円。コミューターは278万9000円から332万2000円となる。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタが「ハイエース」を一部改良 安全装備を強化 2016.6.2 自動車ニュース トヨタがワンボックス車「ハイエース」「レジアスエース」を一部改良。アクセサリーソケット(DC12V・120W)を全車に採用したほか、「ワゴン」と「コミューター」にVSC&TRCやヒルスタートアシストコントロールなどを標準装備した。
  • トヨタがハイエースを一部改良、特別仕様車も 2014.12.16 自動車ニュース トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」を改良。2015年1月6日に発売する。
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る