「トヨタ・ハイエース」を一部改良

2012.04.17 自動車ニュース
「トヨタ・ハイエース ワゴン GL」
「トヨタ・ハイエース」を一部改良

「トヨタ・ハイエース」を一部改良

トヨタ自動車は、「ハイエース」の商用バンと乗用ワゴン、コミューターならびに、その姉妹車の商用バン「レジアスエース(バン)」を一部改良し、2012年5月7日に発売する。

「トヨタ・レジアスエース スーパーGL」
「トヨタ・ハイエース」を一部改良

今回の変更点は、装備の追加が主な内容。
全車のフロントルームランプにドアを閉めた後も一定時間点灯するイルミネーテッドエントリーシステムを採用するとともに、盗難防止システムを装備。バン「DX」を除く「ハイエース」「レジアスエース」に車速感応パワードアロックを装備し、防犯性・利便性を高めたという。

ディーゼルエンジン搭載車には、触媒の浄化を手動で補うことができる排出ガス浄化スイッチ(触媒浄化用)を標準装備。コミューター「DX」には、リアシートに上下調整式ヘッドレストやリクライニング機能を採用した。

さらに、ロービーム・オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプやバックモニター内蔵自動防眩インナーミラーを全車にオプション設定するなど、装備の充実が図られた。

価格は、「ハイエース」と「レジアスエース」のバンが206万8000円から323万1000円。「ハイエース」ワゴンは247万4000円から352万7000円。コミューターは278万9000円から332万2000円となる。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
ハイエースワゴントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・ハイエース」の安全性能がアップ 2017.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月22日、一部仕様を変更したワンボックスモデル「ハイエース」および「レジアスエース」を発表した。同年12月1日に販売が開始される。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • テーマはスパイス、特別仕様車「MINIサザーク」発売 2018.1.18 自動車ニュース BMWジャパンは2018年1月16日、「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「サザーク」を設定し、販売を開始した。ボディーカラーに「チリレッド」を採用したほか、日本で販売されるMINIとしては初となるレザレットのシートを装備している。
  • 「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインに 2018.1.15 自動車ニュース BMWジャパンは2018年1月15日、電気自動車「BMW i3」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日販売を開始した。今回は主にエクステリアデザインの変更を行った。
ホームへ戻る