【スペック】GS350“Fスポーツ”:全長×全幅×全高=4850×1840×1455mm/ホイールベース=2850mm/車重=1700kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)/価格=680万円(テスト車=781万5350円)

レクサスGS350“Fスポーツ”(FR/6AT)/GS250“バージョンL”(FR/6AT)【試乗記】

さらに高みへ 2012.04.17 試乗記 レクサスGS350“Fスポーツ”(FR/6AT)/GS250“バージョンL”(FR/6AT)
……781万5350円/699万9600円

話題のLDHを装備した新型「GS350“Fスポーツ”」に試乗。GSはヨーロッパのライバル車に“心身”ともに肩を並べたのだろうか。

気持ちのいいエンジンだが……

以前、レクサスは「微笑むプレミアム。」というキャッチコピーを使っていたが、今度は笑わず強面(こわもて)でいくようだ。新しい「GS」で初披露となったレクサスの新しいフロントデザイン「スピンドルグリル」はアグレッシブな印象を抱かせる。このフロントマスクを画像で初めて見た時にはカッコいいじゃん! と思ったし、試乗会場で実車をまじまじ見ても悪くなかった。開発スタッフは「遠くからでもレクサスとわかってもらえるようになりたい」と言う。

新型は「GS450h」を頂点に、3.5リッターV6の「GS350」、2.5リッターV6の「GS250」の3モデルで登場した。先代型までラインナップされていたV8が落ち、代わりに2.5リッターが追加されたのは、時代を反映している。

GS350が積む3.5リッターV6エンジンは基本的に先代からのキャリーオーバーだが、よく回り、力強さも文句ないので載せ換える必要はない。最高出力318ps/6400rpm、最大トルク38.7kgm/4800rpmと、結構高回転型のこのエンジンを、マナーのよい6段ATで走らせると相当気持ちいい。

しかし、似通ったエンジンを積むライバル、例えば「メルセデス・ベンツE350ブルーエフィシェンシー」(ガソリン)に比べて燃費は劣る。仮にアイドリングストップ機構を付けたとしても、エコカー減税や補助金を受けられる燃費に届きそうになかったのか、付いていない。意地悪な見方をすれば、ハイブリッドのGS450hでエコイメージがブーストできるから、他のモデルは十分に燃費対策をしていないようにも映るが、この点を購入層はどう評価するだろうか。こういうことは、裕福な層ほどこだわるような気がするのだが……。

ちなみに2.5リッターV6を積むGS250にも乗ったのだが、排気量の分だけパワーは落ちるものの、同じように気持ちよく回るので、いわゆる“通”が選ぶモデルとなるかもしれない。何の通かわからないけれども。


レクサスGS350“Fスポーツ”(FR/6AT)/GS250“バージョンL”(FR/6AT)【試乗記】の画像
3.5リッターV6ユニットは318psと38.7kgmを発生。JC08モード燃費は9.8km/リッターとされる。
3.5リッターV6ユニットは318psと38.7kgmを発生。JC08モード燃費は9.8km/リッターとされる。
【スペック】GS250“バージョンL”:全長×全幅×全高=4850×1840×1455mm/ホイールベース=2850mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(215ps/6400rpm、26.5kgm/3800rpm)/価格=600万円(テスト車=699万9600円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール+ナイトビュー+ヘッドアップディスプレイ=59万8500円/クリアランスソナー=5万2500円/ステアリングヒーター=1万500円/“マークレビンソン”プレミアムサウンドサラウンドシステム=28万350円/パワートランクリッド=5万7750円)
【スペック】GS250“バージョンL”:全長×全幅×全高=4850×1840×1455mm/ホイールベース=2850mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(215ps/6400rpm、26.5kgm/3800rpm)/価格=600万円(テスト車=699万9600円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール+ナイトビュー+ヘッドアップディスプレイ=59万8500円/クリアランスソナー=5万2500円/ステアリングヒーター=1万500円/“マークレビンソン”プレミアムサウンドサラウンドシステム=28万350円/パワートランクリッド=5万7750円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その6) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。レクサスは新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を世界初公開した。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
ホームへ戻る