クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4540×1840×1705mm/ホイールベース=2700mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、20.0kgm/4000rpm)/価格=220万円(テスト車=235万8750円/ディスチャージパッケージ=8万円/セーフティクルーズパッケージ=7万8750円)

マツダCX-5 20S(FF/6AT)【試乗記】

胸焼けしない「全部のせ」 2012.04.15 試乗記 マツダCX-5 20S(FF/6AT)
……235万8750円
マツダの新世代技術「スカイアクティブ」を漏れなく搭載したクロスオーバーSUV「CX-5」。ガソリンモデルを連れ出し約500kmを試乗した。その実力やいかに?

スカイアクティブを生かす「i-DM」

何歳になっても、ほめられるのはうれしい。たとえ相手が機械であってもだ。「デミオ」からマツダのクルマには「i-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)」なる運転評価システムが搭載されるようになっていて、乗るたびに5点満点で採点してくれる。しかも「すばらしい運転です」などとメッセージまで表示されるから、何やらむずがゆくなる。

マツダの誇るエコ技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を搭載した3番目のモデルとなる「CX-5」もi-DM対応だ。ドライブトレインの効率化、車体の軽量化などの技術を集めて基本性能を向上させるのがスカイアクティブなのだが、それだけでは終わらない。ドライバーの運転スキルがあってはじめて技術が生かされる。

マイナーチェンジでのモデル追加だったデミオではエンジンが刷新されていただけだが、第2弾の「アクセラ」ではさらにATにもスカイアクティブテクノロジーが採用された。第3弾となるCX-5でボディーとシャシーも新世代となり、スカイアクティブ「全部のせ」が実現したわけだ。

その実力を確かめるため、一般道と高速道路をあわせて500km弱の道のりを走ってみた。走行中はi-DMの指示に従い、高得点が出るよう心がけた。そうすれば、マツダの想定するスカイアクティブの性能がいかんなく発揮されるはずである。

i-DMのコーチング機能では、ランプの色によってリアルタイムで運転の状況が示される。乱暴な運転をすると白いゲージが表示され、急加速や急ブレーキ、雑なステアリング操作を警告する。グリーンランプが点灯すれば、やさしい運転と判断されたことになる。最近はエコ運転を促すこのような表示は珍しいものではなく、グリーンがエコを意味することが多い。しかしi-DMにはさらに上のランクがあり、ブルーランプで表される。


マツダCX-5 20S(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
「コーチング機能」は、ランプの色やゲージで運転状況を知らせてくれる。写真の上の2つは「体がゆれる運転」を表し、左がハンドル操作評価、右がアクセル/ブレーキ操作評価。下の表示は「やさしい運転」(左)と「しなやかな運転」。
「コーチング機能」は、ランプの色やゲージで運転状況を知らせてくれる。写真の上の2つは「体がゆれる運転」を表し、左がハンドル操作評価、右がアクセル/ブレーキ操作評価。下の表示は「やさしい運転」(左)と「しなやかな運転」。 拡大
「20S」のファブリックシートは、アクティブクロスにステッチが施される。
「20S」のファブリックシートは、アクティブクロスにステッチが施される。 拡大
マツダCX-5 20S(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

軽さが大きさを忘れさせる

グリーンランプを点灯させるのは、それほど難しくはない。流れに乗って走っていれば、よほどのことがなければ大丈夫。ホワイトゲージが出現するのは、意識して乱暴な操作をした時だけだ。信号が変わって急いで発進しようとしたり、無理に割り込もうとしたりすると見逃してはくれない。

東京・杉並区からしばらく一般道を走り、首都高速から常磐道にのって茨城県の牛久市まで走った。一般道では3点台だったスコアが、高速道路を流しているとどんどん上がっていく。約90kmを走り、i-DMは4.8という得点となった。高速道路では、おおむねグリーンランプが点灯していた。メーターが表示する平均燃費は、12.2km/リッターである。JC08モード燃費は16.0km/リッターなので、まあまあといったところか。

しかし、CX-5は大きくて重いクルマなのだ。「CX-7」より数字が2つも少ないのだからコンパクトなんだろうと勝手に想像していたので、実際に相対してみると堂々たる体格にたじろいだ。「ホンダCR-V」と比べても、全長、全幅、全高のすべての数値で上回っている。車重が1440kgというのはこの大きさからすれば軽く、燃費にも貢献しているのだろう。

CX-5のウリは、もちろん燃費だけではない。「ZOOM-ZOOM」を捨てたわけじゃないのだから、走りをスポイルしたんじゃ本末転倒だ。14.0という超高圧縮比の「SKYACTIV-G 1.3」直噴ガソリンエンジンは、デミオに乗った際に好印象を得ている。CX-5の2リッターエンジンでは13.0になっているが、それでも従来からすれば高圧縮だ。軽やかな回り具合は同様のフィールである。軽量ボディーと相まって、運転していると大きなSUVであることは次第に忘れていく。


マツダCX-5 20S(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
4:2:4分割可倒式のリアシート。
4:2:4分割可倒式のリアシート。 拡大
オプションのディスチャージパッケージは、ディスチャージヘッドランプ、アダプティブ・フロントライティング・システム、オートライトシステム、感度調整式レインセンサーワイパーがセットで装備される。
オプションのディスチャージパッケージは、ディスチャージヘッドランプ、アダプティブ・フロントライティング・システム、オートライトシステム、感度調整式レインセンサーワイパーがセットで装備される。 拡大

燃費と走りを両立させた優等生

背の高さのわりに腰高な感じがしないのはありがたいが、乗り心地に関しては期待したほどではなかった。少なくとも、高級感を醸し出しているようには思えない。時に大きなガタイごと揺さぶられるのは、歓迎できるものではなかった。

スポーティーなのかといえば、確かにSUVにしては頑張っている。でも、手放しでほめようとまでは思わない。エンジン音が少々ガサツなのも、アクセルを踏み込む意欲をそそらない要因だ。悪くはないんだけれど、ものすごくいい、と言うのははばかられる。

東京・神田神保町のカレー屋「まんてん」の名物メニュー「全部のせ」はトンカツ、シュウマイ、コロッケ、ウインナーがのっていて、食べれば確実に胸焼けする。しかし、スカイアクティブの「全部のせ」は味が重なって濃くなるどころか、むしろ無味無臭なのだ。さまざまな指標で、水準を上回っているのは確かだ。ただ、突出しているものがないと、全体としては印象がぼやけてしまう。燃費も走りも、という目的は達成されているのだが、優等生的に見える。

牛久から南下して房総半島を縦断し、山道も含めて一般道を180kmほど走った。なんと燃費は向上して14.3km/リッターまで伸びた。i-DMスコアは、4.2である。交通量の少ない道でストレスなく走ったのがよかったようだ。ガラ空きの高速道路でのんびり走っていると、スコアは満点の5.0に達した。最後に渋滞にあって4.6まで低下したものの、燃費は15.0km/リッターという立派な数字だった。

トータルで500km弱を走り、燃費は満タン法で13.0km/リッターだった。ほめられていいと思う。文句を言ったようだが、あれもこれもと欲張って性能を押し上げたのはたいしたものなのだ。わかってはいるけど、プラスアルファを求めてしまう。そんなワガママな思いに対して、マツダはちゃんと答えを用意している。話題のクリーンディーゼルを搭載したモデルなのだが、それについては別途リポートすることにしよう。

(文=鈴木真人/写真=峰昌宏)

全車に標準装備される自動防眩ルームミラー。リアゲートに備わるバックカメラとサイドミラーのサイドカメラの映像が一部に映し出される。
全車に標準装備される自動防眩ルームミラー。リアゲートに備わるバックカメラとサイドミラーのサイドカメラの映像が一部に映し出される。 拡大
リアゲートの開閉に連動するカラクリトノカバー。「20C」以外の全てのグレードに装備される。
リアゲートの開閉に連動するカラクリトノカバー。「20C」以外の全てのグレードに装備される。 拡大
荷室容量は通常で500リッターを確保。後席シートバックを前に倒せば最大1620リッターに拡大できる。後席の操作は荷室の左右にあるレバーでも可能だ。
荷室容量は通常で500リッターを確保。後席シートバックを前に倒せば最大1620リッターに拡大できる。後席の操作は荷室の左右にあるレバーでも可能だ。 拡大
マツダCX-5 20S(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
CX-5マツダ試乗記

あなたにおすすめの記事