レクサスRXが小変更 「F SPORT」も追加設定

2012.04.12 自動車ニュース

「レクサスRX」がマイナーチェンジ 新グレード「F SPORT」追加も

トヨタ自動車は、SUVモデル「レクサスRX」にマイナーチェンジを施し、2012年4月12日に発売した。

日本市場での発売から3年あまり。「レクサスRX」にマイナーチェンジが施された。

外観上は、逆台形のアッパーグリルと台形のロアグリルを組み合わせた“スピンドルグリル”で、さらなる個性を強調。リアまわりについても、L字型の意匠を盛り込んだ新しいテールランプが与えられた。

ボディーカラーは、新設定のプラチナムシルバーメタリック、ガーネットレッドマイカ、ファイアーアゲートマイカメタリック、ラピスラズリマイカを含む全10色に。室内についても、シートにアクセントステッチが追加され、シートカラーは新設定色(ガーネットとサドルタン)を含む5色になった。

機能面では、カーナビゲーションシステムが安全運転システム「DSRC」「DSSS」を備える新バージョンとなったほか、上質感をウリとするグレード「バージョンL」でリアエンターテインメントシステムが選べるようになった。

操縦安定性を向上させるべく、ボディーの剛性もアップ。「RX350」とハイブリッドモデルの「RX450h」の4WD車には、スポーティーバージョン「F SPORT」が追加設定された。
こちらは大型エアロバンパーや専用デザインの19インチアルミホイールが特徴で、同じく専用仕立てのシート、ステアリングホイール、スカッフプレートなどで他グレードとの差別化が図られるほか、専用チューンのサスペンションやパフォーマンスダンパーも与えられ、“本格的なスポーティーバージョン”に仕上がっているという。

新たな「レクサスRX」の価格は、以下のとおり。

・RX270:430万円〜483万円
・RX350:475万円〜560万円
・RX450h:559万円〜674万円

(webCG 関)

小変更が実施された「レクサスRX」。
小変更が実施された「レクサスRX」。 拡大
スポーティーセダン「GS」にも採用された「スピンドルグリル」が目を引く、フロントまわり。
スポーティーセダン「GS」にも採用された「スピンドルグリル」が目を引く、フロントまわり。 拡大
インテリアの様子。カーナビも一新された。
インテリアの様子。カーナビも一新された。 拡大
「バージョンL」のオプションとして用意される、リアのエンターテインメントシステム。
「バージョンL」のオプションとして用意される、リアのエンターテインメントシステム。 拡大
「レクサスRX450h“F SPORT”」
「レクサスRX450h“F SPORT”」 拡大

関連キーワード:
RXレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
  • レクサスRX450hL/NX300“Fスポーツ”/CT200h“バージョンL”【試乗記】 2018.2.20 試乗記 電動格納式サードシートを採用した、7人乗りのロングバージョン「RX450hL」が登場。レクサスブランドを支えるSUVモデル、そのアドバンテージとは? 昨年登場した「NX」「CT200h」のマイナーチェンジモデルとともにリポートする。
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • レクサスNX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2014.10.13 試乗記 レクサス初のコンパクトSUV「NX」。“遅れてやってきた主役”の実力は? 注目の2リッター直4ダウンサイジング・ターボユニットを搭載する「200t」グレードの、“Fスポーツ”仕様に試乗した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る