新型BMW M6クーペ/M6カブリオレ受注始まる

2012.04.10 自動車ニュース
「BMW M6クーペ」
新型「BMW M6クーペ/M6カブリオレ」受注始まる

新型「BMW M6クーペ/M6カブリオレ」受注始まる

BMWジャパンは、新型「M6クーペ」および「M6カブリオレ」の受注を、2012年4月10日に開始した。

「BMW M6カブリオレ」
「BMW M6カブリオレ」
新型「M6」シリーズの心臓部。560ps/6000rpmと69.3kgm/1500-5750rpmを発生する。
新型「M6」シリーズの心臓部。560ps/6000rpmと69.3kgm/1500-5750rpmを発生する。
 
新型BMW M6クーペ/M6カブリオレ受注始まるの画像

既報のとおり2012年2月に発表された、新型「BMW M6クーペ/M6カブリオレ」の受注が国内で始まった。

3代目となる新型は、560psと69.3kgmを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。クーペモデルは4.2秒、カブリオレは4.3秒で0-100km/h加速をこなすなど、“Mモデル”にふさわしいハイパフォーマンスを有する。

そのいっぽうで、オートスタート/ストップ(アイドリングストップ)機能やブレーキエネルギー回生システムなどを備え、先代モデルより燃費が30%ほど改善されているのもウリである。

トランスミッションは、7段の「M DCT Drivelogic」(ダブルクラッチ トランスミッション)。さらに、電子制御式多板クラッチからなる「アクティブ M ディファレンシャル」を介し、臨機応変に動力を左右のホイールに配分。激しいハンドリングを行う場面でも卓越した安定性が確保され、かつダイナミックな加速が発揮できるという。

外観上は、大型エアインテークを備えるフロントまわりに、「Mデュアル・ツイン・エキゾースト・テールパイプ」が顔を出すリアエンドなどが特徴。クローズドボディーの「M6クーペ」には、標準でカーボンファイバー製のルーフが与えられる。

インテリアは、クーペ、カブリオレともに、高品質なメリノレザーやカーボンインテリアトリムからなる仕立て。フルカラーのヘッドアップディスプレイやHDDナビゲーションシステム、トップビュー+サイドビューカメラといった快適装備も標準で備わる。

価格は「M6クーペ」が1695万円で、「M6カブリオレ」が1760万円。ハンドル位置は、左右の両方から選べる。なおデリバリーの開始時期は、「M6カブリオレ」が2012年7月、「M6クーペ」は2012年10月が予定されている。

「M6クーペ」のルーフはカーボンファイバー製。車体の軽量化と重心の低下に貢献する。
「M6クーペ」のルーフはカーボンファイバー製。車体の軽量化と重心の低下に貢献する。
 
新型BMW M6クーペ/M6カブリオレ受注始まるの画像

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M6クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る