【スペック】全長×全幅×全高=4935×1915×1345mm/ホイールベース=2940mm/車重(乾燥重量)=1850kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(450ps/7000rpm、52.0kgm/4750rpm)/価格=2112万5000円(テスト車=2150万4000円/アルカンタラ・ルーフライニング=18万3000円/消火器=3万4000円/ステッチカラー=2万1000円/ステアリングレザーカラー=2万6000円/ダッシュボードカラー=11万5000円)

マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ(FR/6AT)【試乗記】

華麗なる遊びの世界 2012.04.10 試乗記 マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ(FR/6AT)
……2150万4000円

“マセラティ史上最速のクーペ”をうたう「グラントゥーリズモMCストラダーレ」。高速道路からワインディングロードまで、そのパフォーマンスを試した。

マセラティらしい本気モデル

フェラーリやポルシェならまだ分かる。でもマセラティ・グラントゥーリズモのような、あでやかなスタイリングとインテリアを持つ4シータークーペをここまでレーシングカーっぽく仕立てるなんて……そう思う読者は、少なくないだろう。でもこのブランドの歴史を知る者にとっては、納得できるモデルである。
第2次世界大戦前のマセラティは、レーシングカーのコンストラクターとして活躍した。戦後経営陣が変わったのを機に、そのテクノロジーを生かしたロードカー作りを始めてからも、F1やスポーツカーレースへの参戦を続けた。

1970年代以降は会社の経営状況が芳しくなかったこともあり、活動は控えめになっていたけれど、90年代にフィアット・グループ入りしてそれが安定すると、かつての勢いを取り戻した。

2007年にデビューした「グラントゥーリズモ」も例外ではなく、2年後にGT4カテゴリー向けにレース仕様の「グラントゥーリズモMC」を送り出すと、2010年にはワンメイクレース用として「MCトロフェオ」を登場させている。

ちなみにMCとは、「マセラティ・コルセ」の意味。彼らにとってレースとは、ブランドイメージを上げるための手段などといった付加的なものではなく、本能みたいな存在なのである。

しかも僕が知る限り、マセラティのオーナーは超がつくほどのカーガイが多い。イベントなどで集まると、朝から晩までクルマの話をしている。たまに出るそれ以外の話題で、圧倒的な生活水準の違いを教えられるけれど、それ以外は僕たちと同じ人種なんだと好感を抱くことが多い。
そういうユーザーたちを知っているだけに、MCストラダーレのようなモデルが登場するのは、なおさら当然のことに思えるのだ。


マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ(FR/6AT)【短評】
フロントに縦置きされる、4.7リッターV8エンジン。「グラントゥーリズモS」を10psと2.0kgm上回る450ps/7000rpmと52.0kgm/4750rpmを発生する。
マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ(FR/6AT)【短評】
マセラティの量産車で、初めて300km/オーバーという最高速度を掲げる「MCストラダーレ」。0-100km/hの加速タイムは、4.6秒。
マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ(FR/6AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グラントゥーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る