「トヨタ・ピクシススペース」の燃費が向上

2012.04.10 自動車ニュース

「トヨタ・ピクシススペース」の燃費が向上

トヨタ自動車は2012年4月10日、軽乗用車「ピクシススペース」を一部改良し、発売した。


今回の一部改良では、燃焼効率の向上やエネルギーロスの低減を図ったエンジンを採用したほか、車速が約7km/h以下になるとエンジンを止める機能を追加したアイドリングストップシステム「新eco IDLE(エコアイドル)」を全グレードに搭載し、環境性能を高めたという。

具体的な燃費は、自然吸気エンジンのFF車で26.0km/リッター、同4WD車で24.0km/リッター、ターボエンジンの「カスタムRS」においては、FF車で22.2 km/リッター、4WD車で21.4km/リッター(すべてJC08モード)に向上した。

装備面では、全車のリアコンビネーションランプにLEDストップランプを採用したほか、「カスタムG」には6スピーカーパックが標準で備わる。

価格は据え置きで、「L」(FF/CVT)の112万円から「カスタムRS」(4WD/CVT)の161万1000円まで。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
ピクシススペースピクシススペース カスタムトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • トヨタからトールワゴンタイプの軽乗用車が登場 2015.7.2 自動車ニュース トヨタが全高1835mmの新型軽トールワゴン「ピクシス メガ」を発売。
  • ホンダN-VAN 2018.6.1 画像・写真 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型軽商用車「N-VAN」のイメージを公開した。3タイプのデザインと全10色のボディーカラーで構成されるエクステリアを、写真で紹介する。
ホームへ戻る