「トヨタ・ピクシススペース」の燃費が向上

2012.04.10 自動車ニュース

「トヨタ・ピクシススペース」の燃費が向上

トヨタ自動車は2012年4月10日、軽乗用車「ピクシススペース」を一部改良し、発売した。


今回の一部改良では、燃焼効率の向上やエネルギーロスの低減を図ったエンジンを採用したほか、車速が約7km/h以下になるとエンジンを止める機能を追加したアイドリングストップシステム「新eco IDLE(エコアイドル)」を全グレードに搭載し、環境性能を高めたという。

具体的な燃費は、自然吸気エンジンのFF車で26.0km/リッター、同4WD車で24.0km/リッター、ターボエンジンの「カスタムRS」においては、FF車で22.2 km/リッター、4WD車で21.4km/リッター(すべてJC08モード)に向上した。

装備面では、全車のリアコンビネーションランプにLEDストップランプを採用したほか、「カスタムG」には6スピーカーパックが標準で備わる。

価格は据え置きで、「L」(FF/CVT)の112万円から「カスタムRS」(4WD/CVT)の161万1000円まで。

(webCG ワタナベ)

 
「トヨタ・ピクシススペース」の燃費が向上の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ピクシススペースの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタの軽乗用車「ピクシス メガ」が一部改良 2016.5.18 自動車ニュース トヨタが、ダイハツからOEM供給を受けて販売している軽乗用車「ピクシス メガ」を一部改良。内容はベース車である「ウェイク」の改良に準じたもので、装備の強化に加え、新グレードとして「レジャーエディション“SA II”」が追加された。
  • 「トヨタ・ピクシススペース」がより低燃費に 2013.7.2 自動車ニュース 「トヨタ・ピクシススペースが、最高で27.6km/リッターの低燃費を実現した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 三菱、軽トールワゴンの「eKスペース」を大幅改良 2016.12.21 自動車ニュース 三菱が軽トールワゴンの「eKスペース」を大幅改良。標準モデル、カスタムモデルともにフロントまわりのデザインを一新した。装備の強化もはかっており、運転支援システムや安全装備を標準で備えた新グレードも設定している。
ホームへ戻る