トヨタ、「ウィッシュ」をマイナーチェンジ

2012.04.09 自動車ニュース
「2.0Z」(オレンジメタリック)
トヨタ、「ウィッシュ」をマイナーチェンジ

トヨタ、「ウィッシュ」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2012年4月9日、3列シートミニバン「ウィッシュ」をマイナーチェンジし、発売した。

「2.0Z」はダークグレー内装に、ブラック/オレンジのシートが組み合わされる。
「2.0Z」はダークグレー内装に、ブラック/オレンジのシートが組み合わされる。
「1.8S」(サテンブルーマイカメタリック)
「1.8S」(サテンブルーマイカメタリック)
「1.8S」はダークグレー内装にブラック/ダークブルーのシート(写真)と、グレージュ内装にグレージュ/ダークブルーのシートが選べる。
「1.8S」はダークグレー内装にブラック/ダークブルーのシート(写真)と、グレージュ内装にグレージュ/ダークブルーのシートが選べる。

今回のマイナーチェンジでは、外観の意匠変更や内装の質感向上に加え、燃費の向上が図られた。また、1.8リッターモデルに、エアロ仕様「1.8S」の装備を簡素化した「1.8A」と、5ナンバーモデルに本革巻きステアリングホイールなどを与えた「1.8G」が新たにラインナップされたこともニュース。

具体的には、エクステリアでは、ラジエーターグリル、バックドアガーニッシュの意匠を変更するとともに、LEDリアコンビネーションランプ、サイドターンランプ付きドアミラーを採用。また、グレードにより、新意匠のエアロバンパー、ブラック塗装に切削光輝加工を施したアルミホイール、フロントフォグランプにめっき加飾を施すなど、スポーティーなイメージとしたという。

インテリアは、センタークラスターとパワーウィンドウスイッチベース(1.8S、1.8G、2.0Z)にカーボン調加飾を採用したほか、グレードごとに専用のシート表皮とメーター色を設定した。
さらに、「2.0Z」「1.8S」には、コーナリング中の不要なシフトアップを抑制する「G AI-SHIFT」付きのCVTスポーツモードが採用される。

またエンジンなどの改良により、JC08モード燃費は、1.8リッターFF車で15.8km/リッター、1.8リッター4WD車および2.0リッター車で14.4km/リッターとなった。これにより全車で「平成27年度燃費基準」を達成し、これまでの「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、エコカー減税とグリーン税制の対象となった。

ボディーカラーは、新色のオレンジメタリック、サテンブルーマイカメタリックなどを含む全8色を用意。
価格は、1.8X(FF)の185万円から2.0Z(FF)251万円まで。

(webCG ワタナベ)

「1.8G」はグレージュ内装にグレージュのシート。
「1.8G」はグレージュ内装にグレージュのシート。
「1.8A」はダークグレー内装にブラックシート(写真)と、グレージュ内装にグレージュシートが選べる。
「1.8A」はダークグレー内装にブラックシート(写真)と、グレージュ内装にグレージュシートが選べる。

関連キーワード:
ウィッシュトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
ホームへ戻る