【スペック】86 GT“リミテッド”(MT仕様):全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1230kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=297万円(テスト車=311万6580円/カジュアルナビ=12万9675円/ETC ブラックボイスタイプ=1万6905円)

トヨタ86 G(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】

思いやりのスポーツカー 2012.04.08 試乗記 トヨタ86 G(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GT“リミテッド”(FR/6MT)
……253万5580円/319万6580円/311万6580円

鳴り物入りでデビューした、トヨタのFRスポーツカー「86(ハチロク)」。実際に乗ってみたらどうだった? 『webCG』コンドーと関のリポート。

トヨタ86 G(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】の画像
フロントフェンダー上部に添えられるエンブレム。「86」のロゴと水平対向エンジンのピストンが組み合わされている。
フロントフェンダー上部に添えられるエンブレム。「86」のロゴと水平対向エンジンのピストンが組み合わされている。
サイドビュー。フォルムを形づくるにあたっては、F1で培った空力のノウハウが反映されているという。前後の重量配分は、53:47。
サイドビュー。フォルムを形づくるにあたっては、F1で培った空力のノウハウが反映されているという。前後の重量配分は、53:47。

見ても乗ってもわかりやすい

コンドー(以下「コ」):やっと「トヨタ86」で公道を走れるんか。長かったなぁ。最初にコンセプトカーが出た2009年の東京モーターショーから2年半か。
関(以下「せ」):チラ見せの機会だけは多かったから、一層長く感じられますね。でも、水平対向4気筒を積むFRスポーツ、本当にできました。コンセプトモデルよりは、ちょっと丸くなったかな?

コ:デザインの好みはヒトそれぞれやけど、「トヨタ2000GT」を傍らに置いて型を削り出したという割には、全然似てへん。2000GTのリメイクみたいな形でも良かったと思うけどなぁ。いっその事、車名も2000GTとか……

せ:デザインを担当したのはトヨタですが、これ、富士重工との共同開発車ですから。向こうの兄弟車(スバルBRZ)が“2000GTっぽい”ってわけにもいかないでしょう!

コ:それ以外の車両開発全般は、スバルが担当したって話やね。どっちも、形は同じなん?
せ:ヘッドランプやフロントバンパーが違いますね。あとフロントフェンダーの装飾パネルも……「トヨタ86」にだけ、水平対向エンジンのピストンをかたどったエンブレムが付いてます。

コ:「ヨタハチ」以来の伝統ってか? そんなアピール、出どころのスバルには要らんわな。見たところ、ひと昔前のFRスポーツに比べて、長さの割りに幅が広い感じ。この低さは、誰が見てもスポーツカーらしい。
せ:ルーフまでの地上高は「ポルシェ・ケイマンR」と同じだそうで。フロントにエンジンのないそちらはさておき、水平対向エンジンのおかげで実現したボンネットの低さもポイントです。

コ:インテリアは、スポーツカーっぽいというか、なんというか……水平基調でキッチリとした左右対称なデザインが、いまどき新鮮に感じられる。海外向けに左ハンドルもあるからか?
せ:それはどうだか。「コーナリング中の姿勢変化が視覚的にわかりやすいように」というのが理由だそうですよ。

写真は、比較的ベーシックなグレードである「RC」および「G」のインテリア。グレードにより、各部の装飾や素材、カラーリングは異なる。
写真は、比較的ベーシックなグレードである「RC」および「G」のインテリア。グレードにより、各部の装飾や素材、カラーリングは異なる。
「GT“リミテッド”」のリアビュー。他グレードではオプションでも選べないリアスポイラーが、最上級グレードであることを主張する。
「GT“リミテッド”」のリアビュー。他グレードではオプションでも選べないリアスポイラーが、最上級グレードであることを主張する。

コ:それもどうかわからんけど、視界そのものはかなりいい。フロントはスカっと開けてるし、いまどきのクルマにしてはサイドウィンドウのラインも低め。ストレスを感じへんな。

せ:左右に盛り上がって見えるフロントフェンダーも、車両の見切りをよくすることを意識してのものだとか。スポーツカーらしい機能美にあふれてるじゃないですか。

コ:自分で選ぶなら、“仕事場”っぽい、真っ黒内装にするな。グレード的には、赤×黒のツートンよりお手頃なんやろ?
せ:これは、標準グレード「G」のMTモデルで、価格は241万円。この下には、カスタマイズを前提とした超シンプルグレード「RC」があって、199万円です。「86」は手の届きやすい価格もウリだけれど、ダッシュボードがしっとりしたラバーで覆われてたり、安っぽい印象はないですね。

コ:もうこの辺で解説はええやろ。さっさと走り出そう!

関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ86 G/86 GT“リミテッド”/86 GT(ブレンボブレーキ装着車)【試乗記】 2016.7.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • トヨタ86“GRMN”(FR/6MT)【レビュー】 2016.4.8 試乗記 リソースは“ニュル”の優勝マシン。モータースポーツで得た知見をもとに、GAZOO Racingが開発したコンプリートカー「トヨタ86“GRMN”」。100台限定、お値段648万円で販売された特別な86の実力を、ひのき舞台であるサーキットで試した。
ホームへ戻る