クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】86 GT“リミテッド”(MT仕様):全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1230kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=297万円(テスト車=311万6580円/カジュアルナビ=12万9675円/ETC ブラックボイスタイプ=1万6905円)

トヨタ86 G(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】

思いやりのスポーツカー 2012.04.08 試乗記 トヨタ86 G(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GT“リミテッド”(FR/6MT)
……253万5580円/319万6580円/311万6580円

鳴り物入りでデビューした、トヨタのFRスポーツカー「86(ハチロク)」。実際に乗ってみたらどうだった? 『webCG』コンドーと関のリポート。

トヨタ86 G(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】の画像 拡大
フロントフェンダー上部に添えられるエンブレム。「86」のロゴと水平対向エンジンのピストンが組み合わされている。
フロントフェンダー上部に添えられるエンブレム。「86」のロゴと水平対向エンジンのピストンが組み合わされている。 拡大
サイドビュー。フォルムを形づくるにあたっては、F1で培った空力のノウハウが反映されているという。前後の重量配分は、53:47。
サイドビュー。フォルムを形づくるにあたっては、F1で培った空力のノウハウが反映されているという。前後の重量配分は、53:47。 拡大

見ても乗ってもわかりやすい

コンドー(以下「コ」):やっと「トヨタ86」で公道を走れるんか。長かったなぁ。最初にコンセプトカーが出た2009年の東京モーターショーから2年半か。
関(以下「せ」):チラ見せの機会だけは多かったから、一層長く感じられますね。でも、水平対向4気筒を積むFRスポーツ、本当にできました。コンセプトモデルよりは、ちょっと丸くなったかな?

コ:デザインの好みはヒトそれぞれやけど、「トヨタ2000GT」を傍らに置いて型を削り出したという割には、全然似てへん。2000GTのリメイクみたいな形でも良かったと思うけどなぁ。いっその事、車名も2000GTとか……

せ:デザインを担当したのはトヨタですが、これ、富士重工との共同開発車ですから。向こうの兄弟車(スバルBRZ)が“2000GTっぽい”ってわけにもいかないでしょう!

コ:それ以外の車両開発全般は、スバルが担当したって話やね。どっちも、形は同じなん?
せ:ヘッドランプやフロントバンパーが違いますね。あとフロントフェンダーの装飾パネルも……「トヨタ86」にだけ、水平対向エンジンのピストンをかたどったエンブレムが付いてます。

コ:「ヨタハチ」以来の伝統ってか? そんなアピール、出どころのスバルには要らんわな。見たところ、ひと昔前のFRスポーツに比べて、長さの割りに幅が広い感じ。この低さは、誰が見てもスポーツカーらしい。
せ:ルーフまでの地上高は「ポルシェ・ケイマンR」と同じだそうで。フロントにエンジンのないそちらはさておき、水平対向エンジンのおかげで実現したボンネットの低さもポイントです。

コ:インテリアは、スポーツカーっぽいというか、なんというか……水平基調でキッチリとした左右対称なデザインが、いまどき新鮮に感じられる。海外向けに左ハンドルもあるからか?
せ:それはどうだか。「コーナリング中の姿勢変化が視覚的にわかりやすいように」というのが理由だそうですよ。

写真は、比較的ベーシックなグレードである「RC」および「G」のインテリア。グレードにより、各部の装飾や素材、カラーリングは異なる。
写真は、比較的ベーシックなグレードである「RC」および「G」のインテリア。グレードにより、各部の装飾や素材、カラーリングは異なる。 拡大
「GT“リミテッド”」のリアビュー。他グレードではオプションでも選べないリアスポイラーが、最上級グレードであることを主張する。
「GT“リミテッド”」のリアビュー。他グレードではオプションでも選べないリアスポイラーが、最上級グレードであることを主張する。 拡大

コ:それもどうかわからんけど、視界そのものはかなりいい。フロントはスカっと開けてるし、いまどきのクルマにしてはサイドウィンドウのラインも低め。ストレスを感じへんな。

せ:左右に盛り上がって見えるフロントフェンダーも、車両の見切りをよくすることを意識してのものだとか。スポーツカーらしい機能美にあふれてるじゃないですか。

コ:自分で選ぶなら、“仕事場”っぽい、真っ黒内装にするな。グレード的には、赤×黒のツートンよりお手頃なんやろ?
せ:これは、標準グレード「G」のMTモデルで、価格は241万円。この下には、カスタマイズを前提とした超シンプルグレード「RC」があって、199万円です。「86」は手の届きやすい価格もウリだけれど、ダッシュボードがしっとりしたラバーで覆われてたり、安っぽい印象はないですね。

コ:もうこの辺で解説はええやろ。さっさと走り出そう!


トヨタ86 G(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】の画像 拡大

トヨタ86 G(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】の画像 拡大
回転計が中央に置かれるメーターまわり。速度計は260km/hスケール。
回転計が中央に置かれるメーターまわり。速度計は260km/hスケール。 拡大

その気になれる演出

コ:あぁ、ええわ! ステアリングの感触といい、シフトフィールといい……しっかり“スポーツカー”してるやん。

せ:マニュアルトランスミッションは、「アルテッツァ」のものをベースに、重さや節度感をさらにブラッシュアップしたんだとか。ステアリングホイールは、トヨタ車で一番小さいサイズなんですよ。

コ:それに、ペダル配置が抜群や。こりゃあいい。乗った瞬間から思ったとおりに操作できる。ドライビング命のクルマにとっては重要なポイントやで。
せ:ドライバーに対するペダルの配置は、右ハンドルでも左ハンドルでも、同じになるように設定されているそうです。

コ:日本車でこうして脚を前に投げ出して乗るクルマ、久しぶりや。実際の高さは……?
せ:地面から400mm。トヨタ車中、一番低いヒップポイントですね。

コ:音もやる気にさせるなぁ。最近のフラット4は洗練され過ぎて味がないとか、かつてのビート感がないとか言われてるけど……直4とは明らかに違う、どっか有機的なキャラクターがある。

せ:派手な音のわりに回転計がビンビン跳ね上がるような激しさはないし、ビックリするほど速いわけじゃない。でも、思わずニヤリとする気持ちよさ。

コ:いまどきのクルマにしたら、ほんまに音はデカいよなぁ! エンジン音を車内に引き込む「サウンドクリエーター」ってのが付いてるんやて。
せ:全開時、特に4000rpmからの咆哮(ほうこう)は、耳に残りますね。コ:その反面、100km/h巡航は6速では2300rpm程度で、意外に静かに流せるな。AT車だと、さらにおとなしく感じられるけど?

エンジンは、スバルの「FB20型ユニット」をベースに、燃焼室のボア×ストロークを変更(86×86mm)したもの。トヨタの直噴システムも組み合わせ、リッターあたり100psの最高出力を手に入れた。
エンジンは、スバルの「FB20型ユニット」をベースに、燃焼室のボア×ストロークを変更(86×86mm)したもの。トヨタの直噴システムも組み合わせ、リッターあたり100psの最高出力を手に入れた。 拡大
上級グレード「GT」「GT“リミテッド”」のAT車には、シフトパドルが備わる。
上級グレード「GT」「GT“リミテッド”」のAT車には、シフトパドルが備わる。 拡大
ホイールは、16インチと17インチの2サイズが用意される。写真は、「GT」「GT“リミテッド”」のアルミホイール。タイヤは、「プリウス」にも採用されている「ミシュラン・プライマシーHP」が組み合わされる。
ホイールは、16インチと17インチの2サイズが用意される。写真は、「GT」「GT“リミテッド”」のアルミホイール。タイヤは、「プリウス」にも採用されている「ミシュラン・プライマシーHP」が組み合わされる。 拡大

せ:ギア比の関係じゃないですか。防音材も含め、音対策については、全く違いがないそうです。ATといえば、この変速の速いこと! アップもダウンも、パンッ、パンッと切り替わる。トルクコンバーター式のオートマにしては、活(い)きがいいですね。ブリッピング機能も付いてるし。

コ:ロックアップ領域が広くとられてるんやな。走行モード次第では、さらに素早くなるらしい。せやけど、せっかくスポーツカーに乗るんやから、俺はMT車にするけどな。

せ:ホイールのサイズは16インチと17インチがあるけど、どっちに乗っても、あまり印象は変わりませんね。
コ:実際、セッティングそのものは同じらしいわ。ていうことは、ホイールは見た目で選べばええわけや。

せ:タイヤががんばり過ぎていない分、かえってコーナリングが楽しめます。
コ:一番のウリの低重心を意識させられる、ちょうどいい具合に仕上がってると思うな。

【スペック】86 G:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1210kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=241万円(テスト車=253万5580円/ベーシックナビ=10万8675円/ETC ブラックボイスタイプ=1万6905円)
【スペック】86 G:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1210kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=241万円(テスト車=253万5580円/ベーシックナビ=10万8675円/ETC ブラックボイスタイプ=1万6905円) 拡大
シート表皮は、大きく分けて4種類。黒基調のほか、グレードにより黒×赤のツートンカラーも用意される。写真は「GT」のもの。
シート表皮は、大きく分けて4種類。黒基調のほか、グレードにより黒×赤のツートンカラーも用意される。写真は「GT」のもの。 拡大
車体後端は荷室となるが、その開口部はハッチゲート形式をとらず、トランクリッドのみ開閉する。
車体後端は荷室となるが、その開口部はハッチゲート形式をとらず、トランクリッドのみ開閉する。 拡大

末永く付き合えます!?

コ:エンジンとかハンドリングばかりに目が行きがちやけど……これ、かなり乗り心地ええよ。
せ:予想してたほど硬くはないですよね。足はしなやかで、ワインディングロードでも凸凹した道でも、ちゃんと仕事してくれてる感じがします。

コ:乗り心地は大事なんやて。欲しいとなったら、家族も説得せんとあかんしな……それに対して、シートの座面はちょっと硬いような? 開発を担当したんは、トヨタ紡織やったっけ?
せ:ニュルブルクリンク24時間レースへの参戦経験がフィードバックされてるそうですよ。ポジションの調整幅が大きいのは(前後240mm、上下40mm)、誰でも運転が楽しめるというハチロクの面目躍如でしょう。

コ:低重心とかFRとかマニアックなことを言うわりに、何かとフレンドリーに仕上がってるよな。とにかく運転しやすい。

せ:荷室も広いですからね。後席倒せばさらに容量拡大できるし、床面は完全にフラット。ほら、車中泊だってできますよ!
コ:何も、そんなところに寝んでもええやろ……。前席を後ろに倒したら、しっかり休める寝床になるって。そうや、それができるのも、純粋な2シーターと違う、2+2のメリットやね。

せ:後席そのものは、やっぱり非常用かな。ひざからつま先まではギュウギュウだし、身長160cmでぎりぎり。170cmだと、リアのガラスに頭が触りそうです。
コ:それでも、「ロータス・エヴォーラ」とかと比べると、すごい常識的。付き合いやすい分だけ、飽きられやすいんやないかって心配になるくらいや。

せ:ハチロクの基本コンセプトは、「クルマ好きのオーナーが自ら育てるスポーツカー」。自分好みのカスタムとか、物足りなくなってから始まるわけでしょう。

コ:そりゃ、返り咲きのベテランはともかく、いまどきの若いコは、なぁ!?

せ:そこはトヨタもさすがのもんで、「86スポーツカーカルチャー構想」なる“86をより楽しむためのプログラム”まで用意してるんですよ。カスタマイズパーツの用意はもちろん、ドライビングスクールや評判のいい峠道の紹介、ファンサイトや“たまり場的ショップ”の設置、それから……

乗車定員は4名。後席を写真のように倒せば、荷室容量を拡大することができる。ゴルフバッグは2個、17インチタイヤなら4本が収納可能。
乗車定員は4名。後席を写真のように倒せば、荷室容量を拡大することができる。ゴルフバッグは2個、17インチタイヤなら4本が収納可能。 拡大
トヨタ86 G(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】の画像 拡大

コ:至れり尽くせりのサービス攻勢やなぁ! トヨタも本気や。
せ:「プレイステーション」の通信機能を使って、お茶の間に居ながら実際にサーキットを走っている車両と競走するなんてシステムも、いま、デンソーとポリフォニー・デジタルが共同で開発しているそうです。

コ:バーチャルとリアルが一緒になった、走りの楽しみ方!? そら新しいわ!……っていうか、もうベテランはワケわからんな(笑)。

せ:なにせ、「かつての『AE86』のように長く愛されてほしい」ってのが車名の由来ですからね。今後どう受け入れられていくのか? 先々まで、とても興味深いですよ。


(文=webCG近藤俊&関顕也/写真=webCG)

関連キーワード:
86トヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事