トヨタ、世界戦略車IMVの販売累計が500万台に

2012.04.06 自動車ニュース

トヨタ、世界戦略車IMVの販売累計が500万台に

トヨタ自動車は2012年4月6日、都内で記者会見し、世界戦略車IMV(Innovative International Multi-purpose Vehicle)の累計販売台数が3月末に500万台に達したと発表した。

IMVは、2004年に新興国を中心とするグローバルな市場への導入を前提に開発がスタート。ピックアップトラック「ハイラックス」3車型およびミニバン「イノーバ」、SUV「フォーチュナー」の計3車種、5車型で構成される。現在、タイ、インドネシア、南アフリカ、アルゼンチン、インド、フィリピン、マレーシア、ベネズエラ、ベトナム、台湾、パキスタンといった11の国と地域で生産されており、日本・北米・中国を除く世界170カ国・地域で販売されている。

このIMVプロジェクトを担当するトヨタの小林一弘常務役員は会見で「アジア・中東などの新興国にベストフィットする商品を専用開発することで商品力を向上させる」「タイ、インドネシア、南アフリカ、アルゼンチンの4工場に生産を集約することで、低コスト・高効率化を実現する」「部品等の現地調達率を高めることで為替変動に対応する」といったプロジェクトのねらいについて説明。
販売台数の推移については「新興国市場の拡大もあり、年々販売台数が増加している。2011年は東日本大震災、タイの洪水によって大きな影響を受けたが、77万台を販売した」と述べた。
また、2012年中には新たな生産拠点としてエジプトが加わることも明らかにした。

(webCG)

「トヨタ・ハイラックス」
トヨタ、世界戦略車IMVの販売累計が500万台に
「トヨタ・イノーバ」
トヨタ、世界戦略車IMVの販売累計が500万台に
「トヨタ・フォーチュナー」
トヨタ、世界戦略車IMVの販売累計が500万台に

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。