第143回:EVこれからどうなるの? 沖縄に見る、電気自動車「未来予想図」

2012.04.06 エッセイ

第143回:EVこれからどうなるの?沖縄に見る、電気自動車「未来予想図」

「日産リーフ」などの登場で注目を集める電気自動車(EV)は、この先どんな展開を見せるのだろうか? 肝心のインフラは?
その流れを先取りしているという沖縄で、『webCG』のコンドーと関がEV事情をチェックしてみた。

沖縄めぐりはEVで?

コンドー(以下「コ」):さすがに沖縄、暖かい! 本州はまだ雪降ってるとこもあるのに、Tシャツ1枚で大丈夫なん違う?

関(以下「せ」):海水浴は無理だけれど、見どころはいっぱいですよ! てびちにじゅーしぃ、沖縄そば。A&Wにも寄りたいし、あとは――

コ:全部“食べどころ”やん。ま、どこ行くにしても、沖縄着いたら、まずはレンタカー。クルマどれにしよっか?

せ:今日はコレに決まり! 電気自動車の「日産リーフ」で出掛けましょう。
コ:そこらへん走ってる「わ」ナンバーは、コンパクトカーばっかりやん。「ホンダ・フィット」とか「マツダ・デミオ」とか。EVは「操作に慣れるのが面倒や」って、レンタカーとしてはあんまり人気ないって聞くけどな……。

せ:むしろ、特別な感じが旅行なんかにはいいじゃないですか。それに、南の島とエコカーって、イメージ合ってるし。室内広いから、お土産もいっぱい積める。
コ:そない言うてもバッテリーの残量がなぁ……。急速充電器の場所ばっかり気になって、観光どころやなくなってまうやろ!

せ:と思いきや、沖縄はいつの間にか、EVが使いやすい地域になってるらしいんですよ。2012年2月現在、沖縄県内に登録されているレンタカーの「リーフ」は、220台。一般ユーザーの登録分まで含めると、全部で350台なんだとか。
対する急速充電ポイントは、一般開放されてるものと登録会員向けを合わせて、県内に24カ所あるから、電池切れの心配は要らないってわけです。

コ:日本全国で見ると、いまリーフの販売台数は1万1000台強。急速充電ポイントは730カ所くらいらしいから、だいたい「14〜15台に1カ所」。ということは……、他県も沖縄も変わらへんやん。

せ:沖縄には「南北100kmほどの“島”だから、一日の移動範囲がある程度限られる」という特異性があるんです。出発時は、たいてい満充電なわけですし。
コ:“継ぎ足し”の頻度は少ないし、あったとしてもたかが知れてるいうわけか。

せ:沖縄の充電ポイントは適度にバラけているし、車両のほうにもその場所を検索する機能があるから、それほど心配しなくても。

コ:いままで首都圏で乗った経験やと、電池残量がず〜っと気になって仕方なかったけどなぁ。せやけどそこまで言うんなら、だまされた思て、行ってみるか?


第143回:EVこれからどうなるの? 沖縄に見る、電気自動車「未来予想図」の画像

第143回:EVこれからどうなるの? 沖縄に見る、電気自動車「未来予想図」の画像
速度を上段に、その他情報を下段に表示する「リーフ」の「ツインデジタルメーター」。バッテリー残量と走行可能距離(写真では19km)は、下段右側に示されている。JC08モードの航続距離は200km。
速度を上段に、その他情報を下段に表示する「リーフ」の「ツインデジタルメーター」。バッテリー残量と走行可能距離(写真では19km)は、下段右側に示されている。JC08モードの航続距離は200km。

第143回:EVこれからどうなるの? 沖縄に見る、電気自動車「未来予想図」の画像
2012年2月現在、EV用の急速充電器は沖縄県内の22カ所に25台(うち1台は非公開)が設置されている。写真は中城PAのもので、雨よけの大きな屋根や、操作の負担を軽減するケーブル配置など、利便性に配慮がなされている。
2012年2月現在、EV用の急速充電器は沖縄県内の22カ所に25台(うち1台は非公開)が設置されている。写真は中城PAのもので、雨よけの大きな屋根や、操作の負担を軽減するケーブル配置など、利便性に配慮がなされている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ