「ホンダ・アコード」の通信機能が充実

2012.04.05 自動車ニュース

「ホンダ・アコード」の通信機能が充実

本田技研工業は、「アコード」「アコードツアラー」の仕様を一部変更。あわせて新グレードも追加し、2012年4月5日に発売した。

今回、「アコード」および「アコードツアラー」のラインナップに、通信費無料で各種情報サービスを利用できる「リンクアップフリー」に対応した「20TL インターナビパッケージ」が新たに追加された。

価格は、「アコード 20TL インターナビパッケージ」が294万5000円で、「アコードツアラー 20TL インターナビパッケージ」が319万5000円。

また、既存のグレードである「タイプS」「タイプS アドバンスパッケージ」には、価格据え置きのまま、上記リンクアップフリーとHondaインターナビ、プログレッシブコマンダー、ETC車載器が与えられた。

(webCG 関)

「ホンダ・アコード 20TL インターナビパッケージ」
「ホンダ・アコード 20TL インターナビパッケージ」
 
「ホンダ・アコード」の通信機能が充実の画像
「アコードツアラー 20TL インターナビパッケージ」
「アコードツアラー 20TL インターナビパッケージ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ 2016.5.26 自動車ニュース ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ。パワーユニットの改良によってシステム最高出力を215psに高めるとともに、燃費も31.6km/リッターに改善した。また新機能として「信号情報活用運転支援システム」を採用するなど、装備の強化も図っている。
  • ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)【試乗記】 2013.7.11 試乗記 ホンダがHV市場での捲土(けんど)重来を期して送り込んだ「アコード ハイブリッド」。自慢のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の走りの特徴とは。
  • ホンダ、アコードの改良情報を先行公開 2016.4.21 自動車ニュース 本田技研工業は2016年4月21日、「アコード」のマイナーチェンジモデルの情報の一部を公開した。発売は5月下旬を予定。「SPORT HYBRID i-MMD」を改良するほか、「Honda SENSING」を標準装備とする。
  • ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)【試乗記】 2013.8.14 試乗記 セダン市場での再起をかけ、ホンダが送り込んだ新型車「アコード ハイブリッド」。「燃費がいい」の一言では言い尽くせない、ハイブリッドセダンの本当の魅力とは?
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
ホームへ戻る