【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1780mm/ホイールベース=2520mm/車重=980kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブターボ(64ps/6000rpm、10.6kgm/2600rpm)/価格=166万円(テスト車=167万5750円/ナビ装着用スペシャルパッケージ=1万5750円)

ホンダN BOXカスタム G ターボパッケージ(FF/CVT)【試乗記】

「高い」だけのことはある 2012.04.05 試乗記 ホンダN BOXカスタム G ターボパッケージ(FF/CVT)
……167万5750円

ホンダ期待の新型軽乗用車「N BOX」。背丈も高けりゃ値段も高い、ターボ付きのトップグレードで、その実力を試した。

“軽”くない仕上がり

“カスタム”は「ホンダN BOX」の上級男物バージョンだ。試乗した“G ターボパッケージ”はさらにその高性能モデル。環境スペックは75%減税から50%減税に落ちるが、ギリギリまで切り詰めたエンジンルームには新開発の658cc3気筒12バルブDOHCターボが載る。

全高1.7mを超す、いわゆるスーパーハイト・クラスの軽ワゴンは、屋根も高いが値段も高い。試乗車のFFで166万円。4WDだと178万円。純正カーナビを付けたら200万超えだ。これに対して、「アルト」や「ミラ」のような屋根も価格も低いさんチームがあり、今の軽は価格的にすっかり二重構造になっている。

しかし、重厚なドアをバフンと閉めて運転席に収まると、N BOXカスタム・ターボは「これが軽!?」的豪華さにあふれている。ドア内張りなどの内装材は、フツーのN BOXよりいちいち上等だ。ダッシュボードに目立つクロムのパーツも安っぽく見えない。AT車を運転するとき、ぼくはついついシフトレバーに手をかける癖があるのだが、このクルマのインパネシフトは作動感も触感もアウディみたいに高級だ。

左右ABピラーの4本柱が縁取る大きな前方視界は、ボクシーきわまるN BOXの大きな魅力だ。これだけ天井が高くても、「空気の重さ」を感じない。無駄に屋根が高い感じはしない。前席空間がうまくデザインされているのもN BOXの美点である。

助手席側Aピラーにはボディー左サイドの視界を補助する「ピタ駐ミラー」が付く。こういう物をカッコよく作るのもホンダらしいが、肝心のミラー鏡面が暗くて残念だ。

運転席まわりの様子。ドリンクホルダーはもちろん、ティッシュボックスが収まるグローブボックスやコンビニフックなど、豊富なユーティリティーが自慢。
運転席まわりの様子。ドリンクホルダーはもちろん、ティッシュボックスが収まるグローブボックスやコンビニフックなど、豊富なユーティリティーが自慢。
「ピタ駐ミラー」。ルームミラー(写真右側)とサイドミラー前方にある補助ミラーを合わせ鏡として使い、車体左前方の視界を確保する“技ありアイテム”である。
「ピタ駐ミラー」。ルームミラー(写真右側)とサイドミラー前方にある補助ミラーを合わせ鏡として使い、車体左前方の視界を確保する“技ありアイテム”である。
2011年12月にデビューした、「N BOX」シリーズ。全高が1700mmを超える軽の“スーパーハイトワゴン”は、ホンダとしては初の試みとなる。
2011年12月にデビューした、「N BOX」シリーズ。全高が1700mmを超える軽の“スーパーハイトワゴン”は、ホンダとしては初の試みとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

N-BOXカスタムの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る