「ホンダ・フリード」に新グレードぞくぞく

2012.04.05 自動車ニュース
「ホンダ・フリードGH」
「ホンダ・フリード」に新グレードぞくぞく

「ホンダ・フリード」に新グレードぞくぞく

本田技研工業は、「フリード」および「フリードスパイク」に新グレードを追加し、2012年4月19日に発売する。

「フリードスパイクGエアロL」
「ホンダ・フリード」に新グレードぞくぞく

今回、「ホンダ・フリード」シリーズに、以下のグレードが追加される。

・「フリードGH」
装備充実の「フリードGジャストセレクション」に、さらにHID(ディスチャージヘッドライト)を追加。
価格は、6人乗り(FF/CVT)が190万円で、7人乗り(FF/CVT)が193万1500円。ともに、ベースモデルの5万円高となる。

・「フリードスパイクGL」
「フリードスパイクGジャストセレクション」の装備に、HID、15インチアルミホイール、Hondaスマートキーシステム、セキュリティアラーム、イモビライザー、クルーズコントロールを追加。
FF車のみで、価格はベースモデルより14万円高の199万円。

・「フリードスパイクGエアロL」
「フリードスパイクGエアロ」の装備に、Hondaスマートキーシステム、セキュリティアラーム、イモビライザー、クルーズコントロールを追加。
FF車のみで、価格はベースモデルより9万円高の219万円。

このほか、助手席リフトアップシート車としてはホンダ初のハイブリッドカーとなる、「フリードハイブリッド 助手席リフトアップシート車」もラインナップに加えられた。
6人乗り(FF/CVT)のみが用意され、価格は261万4000円。

(webCG 関)

関連キーワード:
フリードフリードスパイクホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記