【スペック】全長×全幅×全高=4612×1877×1315mm/ホイールベース=2585mm/車重=1785kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(435ps/5250rpm、71.4kgm/1800-3500rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツSL500ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【海外試乗記】

どちらの席も特等席 2012.04.04 試乗記 メルセデス・ベンツSL500ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)


日本で2012年3月18日に発表され、6月にデリバリーが始まる予定の新型「メルセデス・ベンツSL」。その第一印象を、スペインから報告する。

大きく、しかし軽く

「メルセデス・ベンツSLクラス」と「ポルシェ911シリーズ」、「シボレー・コルベット」、そして「日産フェアレディZ」。この4台を、私は“世界の伝統的スポーツカー四天王”と勝手に呼んでいる。

もっと他にも、例えばジャガーとかフェラーリとかアルファ・ロメオとか、めぼしいスポーツカーがあるじゃないか! とおっしゃる向きもあると思う。けれども、ひとつのコンセプト、というか、“形(かた)”を貫き通し、名前も変えずに半世紀も続いたクルマなど、そうはない(もっともZだけは歴史もちょっと短く、一瞬途絶えてもいるけれど、ニッポン唯一の伝統的スポーツカーだから応援だ!)。

伝統的スポーツカーには、しかし、ひとつの悩みどころがある。“形”を守り通すゆえ、ある事実がほかのクルマよりも浮きぼりになりやすい。それは、進化と称した“大型化”だ。

ナローポルシェやS30型のZをクラシックカーイベントなどで見るたびに、その“小ささ”にはいつもほとほと感心させられる。最新モデルを並べたりすれば、ほぼ相似形だから余計に、サイズの違いに驚く。

第6世代となったSLクラスは、やはり少しだけ大きくなってしまった。安全性と快適性の向上がラグジュアリーカーの進化の要だったりするから、ある程度はやむをえない。とはいえ、そのぶんの重量増が許される時代でもなくなりつつある。そこに、新型SLクラスは真摯(しんし)に取り組んだ。メルセデス・ベンツとして量産車初となる、アルミボディーシェルの採用によってである。

「300SL(W194)」(右)と新型「SL(R231)」(左)の2ショット。
「300SL(W194)」(右)と新型「SL(R231)」(左)の2ショット。
メルセデス・ベンツSL500ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【海外試乗記】の画像
「SL500」は先代よりパワーが12%向上するとともに、燃費は22%改善されている。
「SL500」は先代よりパワーが12%向上するとともに、燃費は22%改善されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る