【スペック】全長×全幅×全高=4612×1877×1315mm/ホイールベース=2585mm/車重=1785kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(435ps/5250rpm、71.4kgm/1800-3500rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツSL500ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【海外試乗記】

どちらの席も特等席 2012.04.04 試乗記 メルセデス・ベンツSL500ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)


日本で2012年3月18日に発表され、6月にデリバリーが始まる予定の新型「メルセデス・ベンツSL」。その第一印象を、スペインから報告する。

大きく、しかし軽く

「メルセデス・ベンツSLクラス」と「ポルシェ911シリーズ」、「シボレー・コルベット」、そして「日産フェアレディZ」。この4台を、私は“世界の伝統的スポーツカー四天王”と勝手に呼んでいる。

もっと他にも、例えばジャガーとかフェラーリとかアルファ・ロメオとか、めぼしいスポーツカーがあるじゃないか! とおっしゃる向きもあると思う。けれども、ひとつのコンセプト、というか、“形(かた)”を貫き通し、名前も変えずに半世紀も続いたクルマなど、そうはない(もっともZだけは歴史もちょっと短く、一瞬途絶えてもいるけれど、ニッポン唯一の伝統的スポーツカーだから応援だ!)。

伝統的スポーツカーには、しかし、ひとつの悩みどころがある。“形”を守り通すゆえ、ある事実がほかのクルマよりも浮きぼりになりやすい。それは、進化と称した“大型化”だ。

ナローポルシェやS30型のZをクラシックカーイベントなどで見るたびに、その“小ささ”にはいつもほとほと感心させられる。最新モデルを並べたりすれば、ほぼ相似形だから余計に、サイズの違いに驚く。

第6世代となったSLクラスは、やはり少しだけ大きくなってしまった。安全性と快適性の向上がラグジュアリーカーの進化の要だったりするから、ある程度はやむをえない。とはいえ、そのぶんの重量増が許される時代でもなくなりつつある。そこに、新型SLクラスは真摯(しんし)に取り組んだ。メルセデス・ベンツとして量産車初となる、アルミボディーシェルの採用によってである。

「300SL(W194)」(右)と新型「SL(R231)」(左)の2ショット。
「300SL(W194)」(右)と新型「SL(R231)」(左)の2ショット。
メルセデス・ベンツSL500ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)【海外試乗記】の画像
「SL500」は先代よりパワーが12%向上するとともに、燃費は22%改善されている。
「SL500」は先代よりパワーが12%向上するとともに、燃費は22%改善されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(前編) 2017.2.9 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ランボルギーニ ウラカン スパイダー」。「昔のランボは運転するのが怖かった」と告白する谷口。では最新のランボは谷口の手にどんな感触を残したのだろうか。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
ホームへ戻る