「アウディA4」がマイナーチェンジ

2012.04.04 自動車ニュース
アウディS4
「アウディA4」がマイナーチェンジ

「アウディA4」がマイナーチェンジ

アウディジャパンは2012年4月3日、マイナーチェンジした「アウディA4」シリーズを発売した。

LEDランプがメインビームを囲むようなラインに。シングルフレームグリルの形状も改められている。
LEDランプがメインビームを囲むようなラインに。シングルフレームグリルの形状も改められている。 拡大
テールランプもフロントに準じたデザインに変更された。
テールランプもフロントに準じたデザインに変更された。 拡大
センター付近のパネルがハイグロス仕上げに。また、ステアリングホイールは全モデルでマルチファンクションスイッチ付きとされた。
センター付近のパネルがハイグロス仕上げに。また、ステアリングホイールは全モデルでマルチファンクションスイッチ付きとされた。 拡大

■よりシャープなフロントマスクに

「アウディA4」は、ブランドの中核となるミディアムセグメントモデル。2008年の導入以来、現行モデルは日本でも高い人気を誇り、販売台数の約4分の1を占めている状況だ。そのA4にセダン、アバント(ワゴン)とも初のマイナーチェンジが実施された。

「フェイスリフトではなく“プロダクトインプルーブメント”」とアウディが呼ぶ最新モデルの特徴は、よりシャープになったフロントマスク。標準装着のバイキセノンヘッドライトは、LEDポジショニングランプがメインビームを囲むようなラインになり、すでに日本に導入された「A5」や「A6」と共通のイメージを持つ。

また、フロントマスクを特徴づけるシングルフレームグリルも、他のモデルと同様に上部の角が落とされ、より立体的な形状に変更された。フロントバンパーもエッジを強調したデザインとされ、丸形から長方形に変更されたフォグランプとあいまって、シャープな印象を強めている。一方、リアは標準装着のLEDテールランプにより、よりアウディらしいイメージのものとなった。

インテリアは基本的なデザインこそ変わらないものの、センタークラスター付近のパネルがハイグロス仕上げとされ、スイッチまわりに細かいクロムトリムが施されるなど、細部の質感が見直された。また、ステアリングホイールの形状やMMI(マルチメディアインターフェース)のスイッチレイアウトが変更されるなど、使い勝手の向上も見逃せない。

■アイドリングストップを標準採用

A4シリーズに搭載されるエンジンは、2種類の2リッター直噴ターボエンジン(180psと211ps)と、3リッター直噴スーパーチャージャー(333ps)。FFの駆動方式をとるエントリーグレード「A4 2.0TFSI」および「A4アバント 2.0TFSI」は180psの2リッターと「マルチトロニック」CVTを、クワトロ4WDの「A4 2.0TFSIクワトロ」と「A4アバント 2.0TFSIクワトロ」は211psの2リッターと7段Sトロニックをそれぞれ搭載。同様にクワトロ4WDを採用するスポーツモデルの「S4」と「S4アバント」は3リッター直噴スーパーチャージャーと7段Sトロニックを組み合わせる。

2リッター直4ターボには、引き続き180psと211psの2種類が用意される。
2リッター直4ターボには、引き続き180psと211psの2種類が用意される。 拡大
A4アバント 2.0TFSIクワトロ
A4アバント 2.0TFSIクワトロ 拡大
A4 2.0TFSIクワトロ
A4 2.0TFSIクワトロ 拡大

新型では、燃費の向上を図るため、全車にアイドリングストップ機構の「スタートストップシステム」が搭載された。また、パワーステアリングが電動式となった。さらに、「アウディドライブセレクト」(2.0TFSIクワトロでオプション、S4に標準装着)には、従来の「コンフォート」「自動」「ダイナミック」に加えて、パワートレインやエアコンなどをより少ない燃料で作動させる「エフィシェンシー」モードが加えられた。

燃費は「2.0TFSI」モデルが13.8km/リッター、「2.0TFSIクワトロ」モデルが13.6km/リッター(いずれもJC08モード)となる。マイナーチェンジ前と比べてそれぞれ17%と20%向上した。新エコカー減税や新エコカー補助金の対象にもなった。さらに、安全面での新機構としては、車線逸脱時にステアリングを自動修正する「アウディアクティブレーンアシスト」が全車にオプション設定されている。

スポーティーなエクステリアとインテリアが人気の「S-line」も従来どおり設定される。2012年の販売目標台数は5000台。価格は以下のとおり。

・A4 2.0TFSI(マルチトロニック):440万円
・A4 2.0TFSIクワトロ(7段Sトロニック):523万円
・S4(7段Sトロニック):799万円
・A4アバント 2.0TFSI(マルチトロニック):458万円
・A4アバント 2.0TFSIクワトロ(7段Sトロニック):541万円
・S4アバント(7段Sトロニック):817万円

(文と写真=生方聡)

関連キーワード:
A4S4A4アバントS4アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る