「アウディA4」がマイナーチェンジ

2012.04.04 自動車ニュース
アウディS4
「アウディA4」がマイナーチェンジ

「アウディA4」がマイナーチェンジ

アウディジャパンは2012年4月3日、マイナーチェンジした「アウディA4」シリーズを発売した。

LEDランプがメインビームを囲むようなラインに。シングルフレームグリルの形状も改められている。
LEDランプがメインビームを囲むようなラインに。シングルフレームグリルの形状も改められている。
テールランプもフロントに準じたデザインに変更された。
テールランプもフロントに準じたデザインに変更された。
センター付近のパネルがハイグロス仕上げに。また、ステアリングホイールは全モデルでマルチファンクションスイッチ付きとされた。
センター付近のパネルがハイグロス仕上げに。また、ステアリングホイールは全モデルでマルチファンクションスイッチ付きとされた。

■よりシャープなフロントマスクに

「アウディA4」は、ブランドの中核となるミディアムセグメントモデル。2008年の導入以来、現行モデルは日本でも高い人気を誇り、販売台数の約4分の1を占めている状況だ。そのA4にセダン、アバント(ワゴン)とも初のマイナーチェンジが実施された。

「フェイスリフトではなく“プロダクトインプルーブメント”」とアウディが呼ぶ最新モデルの特徴は、よりシャープになったフロントマスク。標準装着のバイキセノンヘッドライトは、LEDポジショニングランプがメインビームを囲むようなラインになり、すでに日本に導入された「A5」や「A6」と共通のイメージを持つ。

また、フロントマスクを特徴づけるシングルフレームグリルも、他のモデルと同様に上部の角が落とされ、より立体的な形状に変更された。フロントバンパーもエッジを強調したデザインとされ、丸形から長方形に変更されたフォグランプとあいまって、シャープな印象を強めている。一方、リアは標準装着のLEDテールランプにより、よりアウディらしいイメージのものとなった。

インテリアは基本的なデザインこそ変わらないものの、センタークラスター付近のパネルがハイグロス仕上げとされ、スイッチまわりに細かいクロムトリムが施されるなど、細部の質感が見直された。また、ステアリングホイールの形状やMMI(マルチメディアインターフェース)のスイッチレイアウトが変更されるなど、使い勝手の向上も見逃せない。

■アイドリングストップを標準採用

A4シリーズに搭載されるエンジンは、2種類の2リッター直噴ターボエンジン(180psと211ps)と、3リッター直噴スーパーチャージャー(333ps)。FFの駆動方式をとるエントリーグレード「A4 2.0TFSI」および「A4アバント 2.0TFSI」は180psの2リッターと「マルチトロニック」CVTを、クワトロ4WDの「A4 2.0TFSIクワトロ」と「A4アバント 2.0TFSIクワトロ」は211psの2リッターと7段Sトロニックをそれぞれ搭載。同様にクワトロ4WDを採用するスポーツモデルの「S4」と「S4アバント」は3リッター直噴スーパーチャージャーと7段Sトロニックを組み合わせる。

2リッター直4ターボには、引き続き180psと211psの2種類が用意される。
2リッター直4ターボには、引き続き180psと211psの2種類が用意される。
A4アバント 2.0TFSIクワトロ
A4アバント 2.0TFSIクワトロ
A4 2.0TFSIクワトロ
A4 2.0TFSIクワトロ

新型では、燃費の向上を図るため、全車にアイドリングストップ機構の「スタートストップシステム」が搭載された。また、パワーステアリングが電動式となった。さらに、「アウディドライブセレクト」(2.0TFSIクワトロでオプション、S4に標準装着)には、従来の「コンフォート」「自動」「ダイナミック」に加えて、パワートレインやエアコンなどをより少ない燃料で作動させる「エフィシェンシー」モードが加えられた。

燃費は「2.0TFSI」モデルが13.8km/リッター、「2.0TFSIクワトロ」モデルが13.6km/リッター(いずれもJC08モード)となる。マイナーチェンジ前と比べてそれぞれ17%と20%向上した。新エコカー減税や新エコカー補助金の対象にもなった。さらに、安全面での新機構としては、車線逸脱時にステアリングを自動修正する「アウディアクティブレーンアシスト」が全車にオプション設定されている。

スポーティーなエクステリアとインテリアが人気の「S-line」も従来どおり設定される。2012年の販売目標台数は5000台。価格は以下のとおり。

・A4 2.0TFSI(マルチトロニック):440万円
・A4 2.0TFSIクワトロ(7段Sトロニック):523万円
・S4(7段Sトロニック):799万円
・A4アバント 2.0TFSI(マルチトロニック):458万円
・A4アバント 2.0TFSIクワトロ(7段Sトロニック):541万円
・S4アバント(7段Sトロニック):817万円

(文と写真=生方聡)

関連キーワード:
A4S4A4アバントS4アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • 最高出力510psの「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」が登場 2018.1.11 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月10日、「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」に、「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+クーペ」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+クーペ」を追加し、同日、注文受け付けを開始した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディA7スポーツバック 2017.10.24 画像・写真 独アウディが新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。新型「A8」から導入が進められている新しいデザインコンセプトに加え、48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワープラントも特徴となっている。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る