マツダ・プレマシーの仕様・グレード体系変更

2012.04.03 自動車ニュース

「マツダ・プレマシー」の仕様・グレード体系変更

マツダは、ミニバン「プレマシー」の一部仕様を変更し、2012年4月3日に発売した。

今回、「マツダ・プレマシー」の一部仕様・装備が変更され、グレード体系が改められた。具体的な内容は、以下のとおり。

・アイドリングストップ機構「i-stop」を備える「20E」「20S」のFF車に、サイドエアバッグとカーテンエアバッグを標準装備。
・「20E」(FF車)に本革巻きのステアリングホイールとシフトノブを追加。
・スポーティーな内外装をもつ特別仕様車「20S Prestige Style」の名を「20S Prestige Style II」と改め、継続販売。
・エアロパーツを装備する特別仕様車「20CS エアロスタイル」を、カタログモデル「20CS エアロ」として追加。

シリーズ全体の価格は、「20CS」(FF/5AT)の179万9000円から「20S」(4WD/4AT)の248万2000円まで。

(webCG 関)

「マツダ・プレマシー20S」
マツダ・プレマシーの仕様・グレード体系変更

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • マツダ・ビアンテ23S(FF/5AT)/20CS(FF/5AT)【試乗速報】 2008.7.30 試乗記 マツダ・ビアンテ23S(FF/5AT)/20CS(FF/5AT)
    ……335万6650円/286万500円

    人気の2リッタートールミニバンに仲間入りした「マツダ・ビアンテ」。“Zoom-Zoom Tall”を謳う箱形ミニバンは、マツダらしさを備えているのか?
ホームへ戻る