第142回:【Movie】こんなクルマ動画はどうでしょう? フォルクスワーゲンup!編

2012.04.03 エッセイ

第142回:【Movie】こんなクルマ動画はどうでしょう?「フォルクスワーゲンup!」のTVCM "Small is great"

小さくなければ生き残れない!

自動車産業がつくっているものは、クルマだけではありません。例えば動画。世の中にはおもしろいクルマ動画がたくさんあります。題して「動画どうでしょう」。今回は、フォルクスワーゲンの本国サイトで見つけた「up!(アップ)」のおもしろCMを紹介します。

このクルマ最大の特徴は小さいこと。そしてただ小さいだけでなく、高い実用性が確保されているところがポイントだと、すでに運転した人たちは口をそろえて言います。またフォルクスワーゲンらしい清潔感や、きっちりと作り込まれた高品質感、あるいは逆に見限るところはすぱっと見限るクレバーさのようなものが、この小さなボディーにしっかり詰まっているのだそうです。

つまり単に小さいだけでなく、主張があってユニークで、目の前を走り去ってからも気になって仕方がないクルマ。今回紹介するCMには、up!のそんな個性がうまく投影されているように思います。思わずニヤッとさせられる作品です。おそらく何度も見てしまうのではないでしょうか。

作品は巨大な恐竜がぶつかり合うシーンからスタートします。のっけから「何だ、コレ?」と引きつけられたところで「ビッグな恐竜 紀元前6000万年に絶滅」と表示されますが、ここではまだこのCMのストーリーがどこに向かうのか、ピンとこないはずです。

そして「ビッグなノート 紀元前3000年に消滅」「ビッグな水着 1946年に終わる」と続くあたりで、「はは〜ん、さては『ビッグだと残れない』って言いたいんだな」と気付けばしめたもの。ストーリーは一番の見どころである中盤に入っていきます。

ちなみに、筆者は“ビッグショルダー”に不意を突かれました(1980年代のMTV世代なもので……)。

作品名:Volkswagen up! "Small is great"
配信:2011年12月
時間:53秒

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ