1.2リッターの「ポロ」に燃費向上の新モデル

2012.04.03 自動車ニュース

1.2リッターの「フォルクスワーゲン・ポロ」に燃費向上の新モデル

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、コンパクトハッチバック「フォルクスワーゲン・ポロ」に新グレード「ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」を設定し、2012年4月3日に発売した。

「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」は、1.2リッターターボエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン」に、アイドリングストップ機構とブレーキエネルギー回生システムを追加したモデル。
これにより、10・15モードで20.0km/リッター(JC08モードでは19.4km/リッター)だった燃費は、21.5km/リッター(同21.2km/リッター)にまで向上した。

さらに、本革巻きのステアリングホイールとシフトノブ、ハンドブレーキグリップも追加。インテリアの質感向上が図られている。

そのほかの装備やスペックについては、「ポロTSIコンフォートライン」と変わらない。

価格は、「ポロTSIコンフォートライン」より5万円高の218万円。

(webCG 関)

「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」

1.2リッターの「ポロ」に燃費向上の新モデルの画像

1.2リッターの「ポロ」に燃費向上の新モデルの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る