「ダイハツ・コペン」に最後の特別仕様車

2012.04.02 自動車ニュース

「ダイハツ・コペン」に最後の特別仕様車

ダイハツ工業は2012年4月2日、軽オープン2シーター「コペン」の生産終了(2012年8月末)に伴い、同車の発売10周年を記念した特別仕様車「コペン 10thアニバーサリーエディション」を設定。同日、発売した。

コペンは、“ACTIVE TOP COMPACT OPEN(アクティブ・トップ・コンパクト・オープン)”をコンセプトに、2002年6月にデビュー。軽自動車ながら電動開閉式ハードトップを備えるなど、個性的なスタイルがユーザーの支持を得て、現在までに累計で5万6000台以上が販売されている。生産終了を目前に今回設定された「10thアニバーサリーエディション」が、コペン最後の特別仕様車になるという。

「10thアニバーサリーエディション」は、ベースグレードの「アクティブトップ」に、“10th ANNIVERSARY”のロゴとシリアルナンバーの付いたアルミスカッフプレートカバーを特別装備。また「アルティメットエディションS」に設定されているブラックメッキフロントグリルや赤いステッチが施された本革製スポーツシート(ブラック)などを採用している。

特別装備は以下のとおり

・アルミスカッフプレートカバー(10thアニバーサリーロゴ、シリアルナンバー付き)
・ブラックメッキフロントグリル
・BBS製15インチアルミホイール(シルバー)
・本革製スポーツシート(ブラック<レッドステッチ>)
・メッキインナードアハンドル
・メッキパーキングブレーキレバーボタン

価格はベース車より10万5000円高で、4AT車が180万円、5MT車は182万円となる。

(webCG ワタナベ)

「ダイハツ・コペン 10thアニバーサリーエディション」
「ダイハツ・コペン 10thアニバーサリーエディション」

「ダイハツ・コペン」に最後の特別仕様車の画像

「ダイハツ・コペン」に最後の特別仕様車の画像

「ダイハツ・コペン」に最後の特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る