新型「スバル・サンバー」シリーズ発売

2012.04.02 自動車ニュース

新型「スバル・サンバー」シリーズ発売

富士重工業は、軽商用車「サンバー」シリーズの新型を、2012年4月2日に発売した。

2012年2月をもって、富士重工業は、約半世紀におよぶ「スバル・サンバー」シリーズの生産を終了。同車は2012年4月から、ダイハツ工業より提供されるOEM車として生まれ変わることになった。

そのうち新型「サンバートラック」は、ダイハツの「ハイゼットトラック」とメカニズムを同じくするモデルで、これまで通りの軽商用車ではあるものの、基本となる駆動方式が従来のRRからFRへと変わる。鳥居(キャビン後方に備わる荷物の固定用フレーム兼プロテクター)などの張り出しが少ない荷台や、豊富なフック類がもたらす使い勝手の良さが自慢で、先代「サンバートラック」より0.2m小さい3.7mの最小回転半径を実現する。

外観上は、エンブレムはもちろん、フロントのグリルも「ダイハツ・ハイゼット」と異なるものが与えられ、差別化が図られる。

「サンバートラック」のグレードは、ボディー形状や装備により6種類に分かれており、価格は「TB」(FR/5MT)の61万9400円から「グランドキャブ」(4WD/3AT)の115万9500円まで。

もうひとつの軽商用車「サンバーバン」は、ダイハツの「ハイゼットカーゴ」がベース。こちらも、ゆとりの広さや使い勝手のよさをウリとする。オートマチックトランスミッションは「サンバートラック」よりも1段多い4段ATとなり、「サンバートラック」にはない660ccターボモデルもラインナップする。全車、デュアルSRSエアバッグが標準で備わるのもポイントだ。

価格は「VB」(FR/5MT)の91万円から、「VCターボ」(4WD/4AT)の140万250円まで。

(webCG 関)

新型「スバル・サンバートラック」
新型「スバル・サンバートラック」 拡大
「サンバーバン トランスポーター」
「サンバーバン トランスポーター」 拡大
こちらは、「サンバートラック」の「パネルバン ハイルーフ」。
こちらは、「サンバートラック」の「パネルバン ハイルーフ」。 拡大
 
新型「スバル・サンバー」シリーズ発売の画像 拡大

関連キーワード:
サンバー トラックスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが新型「ポロGTI」を日本に導入。新型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、200psの最高出力と320Nmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段DSGで、トルクベクタリング機能や可変ダンパーなどが標準装備される。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
ホームへ戻る