【スペック】全長×全幅×全高=4625×1800×1440mm/ホイールベース=2810mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(245ps/5000rpm、35.7kgm/1250-4800rpm)/価格=586万円(テスト車=672万1000円)

BMW 328iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】

攻める定番 2012.04.01 試乗記 BMW 328iスポーツ(FR/8AT)
……672万1000円

スポーティーセダンの雄「BMW 3シリーズ」。“シルキー6”から高効率な2リッター直4ターボに載せ替えた新型は、引き続きプレミアムセダンの定番であり続けるのか。

まごうことなき3シリーズ

新型「BMW 3シリーズ」は、まず「328i」が日本に導入された。BMWもメルセデス・ベンツもモデル名の数字と排気量がリンクしなくなって久しいが、新型328iも2.8リッター直6ではなく、2リッターターボの直4エンジンだ。読んで「なんだ直4か」とがっかりした人にこそ乗ってほしい。BMWもそう考えているはずだ。
これまでBMWをBMWたらしめてきた直6エンジンのスイートな回転フィーリングは確かにすてきだったが、いろいろひっくるめると新世代直4ターボのほうが魅力的で、これなら素直に直6エンジンに対して「またいつか(なにかしら技術的ブレイクスルーでもあれば)!」と言える。

新型には素の328iのほかに、「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」という3種類の仕立てが用意される。どれも微妙にフロントマスクが異なるほか、インテリアに用いられるパネルなどが、それぞれその名が示す方向の装飾となる。価格は、570万円のノーマルに比べ、これら3グレードはいずれも16万円高い586万円。

新しい顔つきの良しあしについては皆さんの判断に任せるが、ヘッドランプユニットが内側に細く伸びてキドニーグリルにくっついたデザインについて、写真で初めて見た時の「目ヤニか?」という違和感はすでになくなり、カッコいいと思う。先代のほうがハンサムだったかもしれないが、新型だって3シリーズ以外のなにものにも見えない。
現在のBMWのデザインは、全体的に一時のアバンギャルドなデザインからコンサバティブなデザインに戻ったが、そのなかで「3」はちょっと冒険した感じだ。一方でリアスタイルは「5シリーズ」同様そっけない。ボディーサイズはライバルに合わせて多少大きくなっているが、不便なほどではない。

用意される“デザインライン”は3つ。「スポーツ」では赤いアクセントを随所に施した内装など、スポーティーさが強調される。
用意される“デザインライン”は3つ。「スポーツ」では赤いアクセントを随所に施した内装など、スポーティーさが強調される。
車名は「328i」でも、エンジンは2リッター直4ターボである。245psと35.7kgmを発生。
車名は「328i」でも、エンジンは2リッター直4ターボである。245psと35.7kgmを発生。
「スポーツ」には3種類のインテリアトリムが用意される。テスト車のアルミトリムは「マット・コーラル・レッド・ハイライト」と呼ばれるもの。
「スポーツ」には3種類のインテリアトリムが用意される。テスト車のアルミトリムは「マット・コーラル・レッド・ハイライト」と呼ばれるもの。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る