熱烈歓迎された新型「マセラティ・ギブリ」【上海ショー2013】

2013.04.23 自動車ニュース

【上海ショー2013】熱烈歓迎された新型「マセラティ・ギブリ」

上海モーターショーでは、マセラティとランボルギーニもワールドプレミアを披露した。それをひと目見ようと集まった人、人、そしてまた人! “イタリアの大物”たちは、朝の満員電車以上の混みようで熱烈歓迎されたのだった!

■外は満員電車、中はシャンパン!

超高級車とスポーツカーだけが集められたN1ホール。その入り口左側のマセラティブースには、近づくだけで一苦労だった。東京の朝の、満員電車以上の混みようで、将棋倒しの危険性を真剣に心配した。満員電車ならば人の流れに規則性があって対処もできるが、ここは違った。みんなバラバラの動きをしていて、その上、展示に近づけない。スマートフォンやカメラを高く掲げて撮影している方に神経がいっているから、人と人がブツかることが避けられないのだ。

それでも、何とかマセラティのブースに入り込むと、そこは別世界。奥のラウンジでは上客にシャンパンが振る舞われ、彼らはオプションリストを優雅に眺めている。
ワールドプレミアの「ギブリ」は4ドアセダン。往年のGTの面影はどこにもない。シートに腰掛けてみると、赤と黒のコンビネーションカラーの革シートが派手派手しい。カーナビのモニターは大きくて使いやすそうだ。

ギブリに搭載されるガソリンエンジンは3リッターV6ツインターボで、最高出力は330psと410ps(高出力版は「ギブリS」と呼ばれる)の2種の設定があり、8段ATが組み合わされる。また、コンベンショナルな後輪駆動のほかに、四輪駆動の「Q4」モデルも用意される。ギブリS Q4の0-100km/h加速は4.8秒で、最高速は284km/hだ。

同じくイタリア勢の、ランボルギーニもN1館のスターのひとつ。こちらもブースに近づくことさえ難しく、50周年記念の「アヴェンタドール」が展示されていた。その名も「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP720-4 50°アニヴェルサリオ」ととても長い。

世界限定100台生産で、専用ロゴとバッジが付く。エンジンの最高出力は20psアップの720psとされ、フロントとリアのデザインも専用に造形された。ボディーカラーやインテリアトリムなども専用だ。

ランボルギーニいわく、同社史上、「最も限定されたモデル」だそうだけれども、ジュネーブショーで発表した「ヴェネーノ」はたしか限定3台だったんじゃなかったっけ? と思わずツッコミのひとつも入れたくなってしまうほど、最近のランボは限定好きだ。

(文=金子浩久/写真=金子浩久、ランボルギーニ)

ランボルギーニのプレスカンファレンスはご覧のとおりの混雑ぶり。
ランボルギーニのプレスカンファレンスはご覧のとおりの混雑ぶり。
「マセラティ・ギブリ」
「マセラティ・ギブリ」
上客がくつろぐブースの中は別世界。マセラティブースにて。
上客がくつろぐブースの中は別世界。マセラティブースにて。
「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP720-4 50°アニヴェルサリオ」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP720-4 50°アニヴェルサリオ」
「アヴェンタドール」だけでなく「ガヤルド」(右)にも50周年記念モデルが設定された。
「アヴェンタドール」だけでなく「ガヤルド」(右)にも50周年記念モデルが設定された。
関連記事
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
ホームへ戻る