第50回:シュワちゃん復活! 400km/hで逃走するZR1を追え!
『ラストスタンド』

2013.04.24 エッセイ

第50回:シュワちゃん復活! 400km/hで逃走するZR1を追え!『ラストスタンド』

「I'll be back」……10年ぶりのガチアクション!

あの有名なセリフの通り、アーノルド・シュワルツェネッガーが10年ぶりに帰ってきた。本格的な映画出演は、『ターミネーター3』以来である。州知事をやったり私生活でゴタゴタしたりして、映画にはすっかりご無沙汰だった。肉体派として売ってきたシュワちゃんも還暦を過ぎ、もう65歳なのだ。稲川淳二、蛭子能収と同い年である。頬には、深いシワが刻まれた。全盛期のようなアクションはキツいはずだ。それでも、老体にむち打ってガチな立ち回りを演じる。

昨年の『エクスペンダブルズ2』が、完全復活に向けてのプロローグだった。シルベスター・スタローンが率いる“消耗品軍団”が大暴れする戦争アクションで、往年のスターが勢ぞろいした。ブルース・ウィリス、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ドルフ・ラングレンという豪華メンバーが集まり、チャック・ノリスまで顔を出した。80年代にスクリーンの中で散々ワルモノを殺しまくってきたヤツらである。老いてもなお意気は盛んで、ブルース・ウィリスは『ダイ・ハード/ラスト・デイ』でシリーズ5作目に出演し、シルベスター・スタローンは『バレット』の公開が控えている。

『ラストスタンド』では、シュワルツェネッガーはベテラン保安官のレイ・オーウェンズを演じる。メキシコとの国境近くにある小さな町ソマートンで勤務している。至って平和な毎日で、副保安官のジェリー(ザック・ギルフォード)とフィギー(ルイス・ガスマン)は暇をもてあましている。あまりに退屈で、軍事オタクのルイス・ディンカム(ジョニー・ノックスヴィル)と一緒につるした肉を銃で撃っていてレイに叱られたりしている。

(C)2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
第50回:シュワちゃん復活! 400km/hで逃走するZR1を追え! − 『ラストスタンド』

第50回:シュワちゃん復活! 400km/hで逃走するZR1を追え! − 『ラストスタンド』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。