トヨタがワールドプレミア3台を出展【上海ショー2013】

2013.04.23 自動車ニュース

【上海ショー2013】トヨタがワールドプレミア3台を出展

トヨタ自動車は、上海モーターショー(会期:2013年4月20日〜4月29日)で、新型「ヤリス」など合計3台のワールドプレミア(世界初公開)モデルを公開した。

新型「ヤリス」は、2012年の北京モーターショーで披露された世界戦略車のコンセプトモデルをベースとした市販車。2013年末に中国で生産が開始され、販売も始まる予定だ。

残る2台はいずれも中国市場向けのコンセプトカー。「云動双擎II(ユンドンショワンチンツー)」は、江蘇省常熟市のトヨタ自動車研究開発センター(中国)が開発を進めている、ハイブリッドコンポーネントを搭載するモデル。
一方、「トヨタFT-HT悦佳(ユエジャ)」は、中国の若い世代に向けた6シーターのクロスオーバー車である。

トヨタの内山田副会長はプレスカンファレンスで「1964年に『クラウン』の第1号を中国に輸出し、以来50年間、トヨタは中国の皆さまと手を携えて歩んできた。2005年には『プリウス』の生産を海外で初めて開始。これからの50年も中国に根付いたトヨタとして、中国に貢献していきたい」と述べた。

(webCG)

「トヨタ・ヤリス」
トヨタがワールドプレミア3台を出展【上海ショー2013】
「云動双擎II」
トヨタがワールドプレミア3台を出展【上海ショー2013】
「トヨタFT-HT悦佳」
トヨタがワールドプレミア3台を出展【上海ショー2013】
プレスカンファレンスではトヨタ自動車の内山田竹志副会長が登壇した。
トヨタがワールドプレミア3台を出展【上海ショー2013】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。