メルセデスが大阪・梅田に情報発信拠点を開設

2013.04.23 自動車ニュース

情報発信拠点「メルセデス・ベンツ コネクション」が大阪・梅田にオープン

メルセデス・ベンツ日本は、JR大阪駅北側に2013年4月26日開業のグランフロント大阪「ナレッジキャピタル」に、カフェや物販スペースを備えたメルセデス・ベンツブランドの情報発信拠点「メルセデス・ベンツ コネクション」をオープンする。

メルセデス・ベンツ コネクションは「もっと多くの方にメルセデスを身近に感じていただきたい」との考えから2011年7月、東京・六本木に開設された、メルセデス・ベンツブランドの情報発信拠点。これまで、新車発表会のほか、他ブランドとのコラボレーションイベントやパーティー、ファッションショーなどを行ってきており、延べ約100万人の来場(うち60%以上が女性)を数えている。今回、大阪にオープンするメルセデス・ベンツ コネクションは2拠点目となる。

ナレッジキャピタルの施設内には、こだわりのコーヒーが飲めるカフェ「DOWNSTAIRS COFFEE」を中心に、最新のモデルを展示する「ギャラリースペース」、約20台用意される試乗車で気軽にドライブが楽しめる「トライアルクルーズ」の発着点「トライアルステーション」、オリジナルグッズ・雑貨の販売を行う「コレクションショップ」などが配置される。また、オリックス自動車とのコラボにより、電気自動車「スマート フォーツー エレクトリックドライブ」を使ってのカーシェアリングも実施される予定だ。

新しい施設を紹介したメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は、「より多くのお客さまに、この街(=グランフロント大阪)のすべてをお楽しみいただけるよう、今後もさまざまなイベントを実施していきたい」と語っている。

(webCG)

グランフロント大阪・ナレッジキャピタル1階に位置する、メルセデス・ベンツ コネクション。
グランフロント大阪・ナレッジキャピタル1階に位置する、メルセデス・ベンツ コネクション。
「DOWNSTAIRS COFFEE」。施設の目玉となる、くつろぎのスペースだ。
「DOWNSTAIRS COFFEE」。施設の目玉となる、くつろぎのスペースだ。
メルセデス・ベンツ コネクションを紹介する、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。
メルセデス・ベンツ コネクションを紹介する、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。
オリジナルグッズや雑貨が並ぶ「コレクションショップ」。
オリジナルグッズや雑貨が並ぶ「コレクションショップ」。
2013年4月22日には、この場で新型「メルセデス・ベンツGLクラス」の発表会も開催。その模様は、東京・六本木の「メルセデス・ベンツ コネクション」にも中継で紹介された。
2013年4月22日には、この場で新型「メルセデス・ベンツGLクラス」の発表会も開催。その模様は、東京・六本木の「メルセデス・ベンツ コネクション」にも中継で紹介された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。