ミシュランの新タイヤ「プライマシー3」登場

2013.04.23 自動車ニュース

ミシュランの新タイヤ「プライマシー3」登場

日本ミシュランタイヤは2013年4月23日、乗用車向けの新しいコンフォートタイヤ「ミシュランPrimacy(プライマシー)3」を発表した。販売は、同年6月1日から順次開始する。

ミシュランの「プライマシー3」は、タイヤに対して静かでゆったりとした快適性を求めながら、「高速走行における爽快感もゆずれない」という“欲張りなユーザー”に応えるための、新商品だ。

技術的なハイライトは、これまでのコンフォートタイヤに比べてワイドになった接地面や、エッジに面取りを施したブロック形状、そのブロックの倒れこみを抑えるために補強材を添えたサイプ(細かい溝)、ウエット性能と低い転がり抵抗を両立させた新開発コンパウンドなど。
これらにより、これまで同社の「プライマシー」シリーズが培ってきたコンフォート性能を継承しつつ、高速走行時の安定性やウエット路面におけるグリップ力を一段と向上させたという。

タイヤ製品のラベリング制度における転がり抵抗は、5段階評価の3番目にあたる「A」、ウエットグリップ性能は4段階中の2番目「b」を取得。いわゆる「低燃費タイヤ」となっている。

発売サイズは205/55R16から245/50R18の全21サイズ。オープン価格で扱われる。

(webCG 関)

新商品「ミシュラン・プライマシー3」を囲む、日本ミシュランタイヤ 代表取締役社長のベルナール・デルマス氏(写真右)と、同 常務執行役員のアゴスティノ・マゾッキィ氏。
ミシュランの新タイヤ「プライマシー3」登場

ミシュランの新タイヤ「プライマシー3」登場
「プライマシー3」のトレッドパターン。エッジが斜めに“面取り”されたブロックは、既存のスポーツタイヤにも見られるもの(チャンファーデザイン)。これにより、制動時に接地面を最適化できるという。
ミシュランの新タイヤ「プライマシー3」登場
発表会におけるスライド資料から。「タイヤの転がり抵抗を抑えながら、優れたウエットグリップ性能も実現した」とミシュランは胸を張る。
ミシュランの新タイヤ「プライマシー3」登場

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。